2018年01月17日

2018年島開き法要のお知らせ

小寒と大寒の間、ちょうど今頃の季節、
小豆島では「寒参り」という霊場を回る遍路さんの団体に出会うことがあります。

遍路2.JPG

「寒参り」は雪が多くて冬場に農作業ができない日本海側のお遍路さんが
団体でお参りしたことが始まりと言われていて、
今年も5日、6日には霊場で真剣にお祈りするお遍路さんの姿が見られました。

4-8M-Dsc_2708.jpg

寒参りが終わる頃、「島開き法要」が行われます。
新年になって一番初めの大師の日、1月21日。
小豆島のお遍路さんの巡拝シーズンが始まりを告げる行事です。

242.jpg

土庄港で岡山からのお遍路さんをお迎えして、
霊場のご住職、白装束のお遍路さんやかわいいお稚児さんがお迎え大師像と一緒に
小豆島霊場総本院まで約1キロの道を練供養で歩いて行きます。

116.jpg

御詠歌隊やお遍路さんの鈴の音、山伏のホラ貝の音が響きとてもおごそかな雰囲気です。

171.jpg

今年の島開き法要はちょうど日曜日。
冬の澄んだ空気の中、家内安全や世界の平和に思いをはせ、
心静かに祈るのはいかがでしょうか?

258.jpg

1月21日(日) 午前10時40分〜 

霊場協会総本院駐車場では午前11時からお餅つきも行われるそうです。
リンクはこちらからhttp://shodoshima.or.jp/?p=4497

小豆島観光協会 新名






posted by 小豆島観光協会 at 17:04| 香川 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

冬の小豆島♪

* 冬の小豆島♪  *


今朝は少し雪の積もった地域もあり、寒い朝となりました。


IMG_3532.JPG
(内海ダムから臨む寒霞渓)


名勝「寒霞渓」では、昨日のお昼から雪が降り積もり始めたそうで、
今朝はロープウェイの山頂付近で3、4センチの積雪となりました。



IMG_3569.JPG



IMG_3549.JPG



IMG_3621.JPG



朝の9時過ぎで気温はマイナス5度。寒くて冷たい。



IMG_3594.JPG



でも、ふかふかの銀世界と青空の綺麗なコントラスト、
そして、風が吹くと木々に積もった雪がチラチラと舞う幻想的な風景に寒さを忘れます。


IMG_3606.JPG



IMG_3611.JPG



IMG_3615.JPG



少し山の中に入ってみると、階段や道が雪でわかりにくくなっていて、
どこかに迷い込んでしまったような錯覚に陥ります。



IMG_3637.JPG



IMG_3644.JPG



まだ誰も足を踏み入れていない新雪!と思いきや、小さな足跡がたくさん。




IMG_3657.JPG




動物たちもこの雪に戸惑っているかのように、あっちに行ったり、こっちに行ったりした足跡が残っていました。




IMG_3653.JPG





こんな寒い日は、小豆島の冬の風物詩「サル団子」が見ることができるはず。




IMG_3762.JPG



現在、「銚子渓お猿の国」には、団十郎率いるA群300匹とトラ率いるB群200匹が生息しており、銚子渓の日本サル群として香川県の天然記念物に指定されています。



IMG_3673.JPG
(こんなお客様も)





A群のボス団十郎は、襲名から約2年。すっかり落ち着いた雰囲気です。


IMG_3687.JPG
(A群ボス|団十郎)



一方、B群のトラは、11代目。
昨年10月に9代目トラが亡くなり、10代目トラが3日間で行方不明になったため、11代目を襲名し、約3ヶ月たちます。
最初は落ち着かない様子だったそうですが、徐々にボスらしくなってきたそう。



IMG_3678.JPG
(B群ボス|トラ)



サル団子は、寒い日の夕方に見ることができる確率が高いそうです。


16時前になると猿たちがどこからとなく集まり始めます。


IMG_3690.JPG
(寒さを避けるため、屋根の上が人気の場所だそうです)



今日は、寒いとはいえ、夕方はあまり風がなかったため、大きなサル団子を見ることはできませんでしたが、50匹ほどの団子がいくつか見られました。


IMG_3699.JPG
(団十郎は、必ず真ん中に座っています)




IMG_3761.JPG



IMG_3769.JPG


また、この銚子渓には、「銚子の滝」と呼ばれる高さ21メートルの滝があります。




IMG_3785.JPG
(銚子の滝)


初夏や紅葉など季節ごとに様々な表情が楽しめますが、
冬は滝が完全に凍る「氷瀑」という現象を見ることができます。

ただし、毎年見れるわけではなく、何年かに1度、だということです。(前回は2016年1月25日に5年ぶりに見ることができたそうです)

ぜひ、いつか見てみたいですね。



IMG_3800.JPG
(小さなつららがありました)




このように、冬は、寒さのために外に出るのが億劫になりがちですが、小豆島には多くの自然を楽しむことができます。
歩いているうちに、身体も温まるし、小さな発見に心も温まります。

ぜひ、冬を楽しみましょう。


IMG_3809.JPG



*雪道や凍結した道は、とても危険ですので、お気をつけて*


小豆島町企画財政課 広報担当 中川




posted by 小豆島観光協会 at 18:55| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

消防出初式が行われました!

1月7日(日)、土庄町フレトピアホールにて、新年の消防出初式が行われました。

当日は、消防本部職員や町内各地区の消防団員、地元小学校のトランペット鼓隊等が参加しました。

快晴の空のもと、団員のみなさんによる小型ポンプ操法などの実演が行われ、日ごろの訓練の成果が披露されました。



IMG_5319.JPG


IMG_5333.JPG



当日の晴れやかな空のように、皆様にとって平和で健やかな一年となりますように



土庄町商工観光課


posted by 小豆島観光協会 at 17:23| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
新しい1年の始まりです。
花寿波島初日の出.JPG
皆様にとって良い一年になりますように。

2018年も引き続き、小豆島ブログを通して島の旬を発信して参ります。
本年もよろしくお願いいたします。

小豆島BLOGスタッフ一同
posted by 小豆島観光協会 at 08:00| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

2017年を振り返る

2017年も残すところあとわずか。
皆様にとって今年はどんな年でしたでしょうか。
小豆島の観光にとっても色んな動きがあった1年、振り返ってみたいと思います。
IMG_2793.JPG

小豆島観光国際化チームでは、二十四の瞳映画村において、ウェルカムサポーターによる「二十四の瞳」の紙芝居を日本語と英語の二言語で上演しました。回を重ねるごとに、皆さんどんどん上達していき、感情や動きを交えた素晴らしい上演となりました。小豆島に根付く不朽の名作を世界に発信する良い活動だったと思います。
英会話セミナーも月1回、変わらずに開催しています。参加者の皆さんからのアイディアで、内容もどんどんブラッシュアップしています。ご興味のある方は観光協会までお問い合わせ下さいね。
P4010020.JPG
二十四の瞳映画村での紙芝居。素晴らしい完成度でした!
IMG_6677.JPG
7月に岸田外務大臣(当時)がご来島の際には、ウェルカムサポーターで熱烈な歓迎を行いました!

フィルムコミッションでは、今年も多くのテレビ、雑誌、映画の取材や撮影が行われました。
中でも、映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の撮影では、多くの島民エキストラの方にご協力頂きました。
肥土山農村歌舞伎舞台での撮影は、雪もちらつく厳寒の中、春のシーンという過酷(?)な撮影でした。しかし、カメラが回ると一転、皆さん寒さを全く感じさせない名演技で、瀬々監督も「小豆島の方々の協力がなければあのシーンは撮れなかった!」と唸るほど。
映画は大ヒット上映中です!まだ見ていない方はお早めに!
1712108年越しの花嫁小豆島上映会監督挨拶 (3).JPG
12月の先行上映会には瀬々監督がご来島。1150人を超える来場者にご鑑賞頂きました。

イベント関係では、世界最大級の旅のイベント「ツーリズムEXPOジャパン2017」に今年も出展することが出来ました。「WONDERFUL SETOUCHI」ブースで、瀬戸内海沿岸地域合同で出展し、瀬戸内・小豆島の魅力を国内外の方にPRすることが出来ました。また、瀬戸内への関心が年々高まっているようにも感じました。
その他にも、株式会社平井料理システム様のお力添えのもと行った「小豆島そうめん大試食会」、毎年恒例となった神戸みなとまつりや赤穂義士祭への参加など、島外でのPRの場も多い一年でした。
IMG_0947.JPG
ツーリズムEXPOジャパン2017 世界に向けて瀬戸内の魅力発信!
20108245_1064787043652600_4707420798171212293_n.jpg
神戸みなとまつりでは、酷暑の中精一杯PRさせて頂きました。

平成27年4月から毎月一度開催している主催セミナー「まるごと小豆島」では、本年も様々なジャンルに精通した講師の方々を迎え、とても興味深いお話をたくさんして頂きました。講演はもちろんのこと、ワークショップや体験型のセミナー、時には会場を飛び出して実際に目で見て歩いて学ぶ、といった趣向を凝らした回も多くありました。毎回毎回学びがあり、知れば知るほど面白くなりますね。
今後も、島の事を多角的に発見できるようなセミナーを開催していきたいと思います。
※1月のセミナーの案内はこちらから→http://shodoshima.or.jp/?p=9415

IMG_2282.JPG
11月「まるごと小豆島」秋の寒霞渓での青空教室の様子。
小豆島観光ボランティアガイドの方にご協力頂きました。


あっという間の1年。おかげさまで、様々なことに取り組むことが出来ました。
当協会に関わって下さったすべての皆様に心から感謝申し上げます。
来年もスタッフ一同精進致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

小豆島観光協会 角田
posted by 小豆島観光協会 at 13:11| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする