2017年03月09日

尾崎放哉の生き方や俳句に触れてみませんか

5・7・5の形式にとらわれない自由律の俳人として知られる尾崎放哉。
最期の8ヶ月をここ小豆島の南郷庵(みなんごあん)(小豆島八十八ヶ所霊場 58番札所西光寺 奥の院)の庵主として過ごし、42年の生涯を閉じます。
IMG_0084.JPG

小豆島八十八ヶ所霊場 58番札所西光寺の近くの、放哉が眠る墓地の隣りに、当時の南郷庵(みなんごあん)を復元した小豆島尾崎放哉記念館があります。
記念館では、放哉や、放哉をとりまく人たちが交わした書簡や、放哉直筆の短冊、写真などの貴重な資料が展示公開されています。
(小豆島尾崎放哉記念館ホームページはこちら→ http://www2.netwave.or.jp/~hosai/ )
5.jpg

没後90年以上がたった今もなお、根強い人気がある放哉ですが、お笑い芸人のピース又吉さんをはじめ、男性ファンが多いと言われています。
そこで、この度土庄町教育委員会が主催して、「女性目線で放哉の生き方や俳句について少し触れてみませんか」という趣旨で、『 放哉×女子 』というはじめての会が行われました。

参加者は、放哉研究の第一人者である小山貴子先生、主催の教育委員会、記念館職員の方も含め9名。もちろん全員女性です。
会場に着くと、普段は17時には閉館する記念館に灯りがともり、普段とはまた違った感じでわくわくします。
一つの机を囲んで、女性ばかり、お茶とお菓子も楽しみながら、和やかな雰囲気でした。
FullSizeRender2.jpg

先ず、記念館の方から、放哉の生涯について、簡単に解説していただきました。
放哉は、明治18年鳥取県鳥取市で生まれ、一高、東京大学法学部とエリートコースをたどり、卒業後は生命保険会社の要職に就きます。
しかし人間関係のストレスなどから酒に溺れ、退職に追い込まれ、家族も捨てて漂泊の旅を続けます。
大正12年、京都の一燈園で托鉢生活に入り、京都、須磨、小浜の寺男を転々とし、大正14年8月、荻原(おぎわら)井泉水(せいせんすい)主催の自由律の俳句雑誌「層雲」のつながりを辿って、小豆島にやってきます。ここで病苦に苛まれながらも3,000句に近い俳句を作り続けました。

放哉についての解説の後は、参加者ひとりひとりが、どのような思いでこの会に参加したのか、また放哉についてのイメージなどを語っていきました。
酒癖が悪く、仕事や家族も捨てたというあまりよくないイメージを持つという声多く、それでも死ぬ間際まで周りの人は見捨てず、今も小豆島では「放哉」南郷庵友の会の会員様をはじめ、多くの方によって守り伝えられていることについて、小山先生は「友人の友人まではみんな友人!という感覚の山頭火と違い、放哉は一対一の付き合いが深く、師匠の荻原(おぎわら)井泉水(せいせんすい)をはじめ、放哉を知る人は『自分が放哉を助けなければ』と思っていたのではないか」と述べられました。
参加者の間でも、放哉の男性としての魅力、また、人としての魅力について、「ダメ男だが、放っておけない魅力があったのでは」などと意見を述べ合いました。

放哉の句については、暗いイメージがあるという声が多い中、はじめて知ったときに「自由で楽しい!と思った」という声もありました。
小山先生から、放哉が詠んだ「自由律俳句」についての解説もあり、先ずは一度詠んでみましょうと次回の宿題になりました。

(次回は3月22日(水)18時半からで、定員は10人程度。 申し込みは小豆島尾崎放哉記念館へ。)
DSC03228.jpg

この他、尾崎放哉について知る機会は、毎年4月7日の放哉の命日に、西光寺において行われる放哉忌(法要、記念行事)など、度々行われています。
2.jpg
(西光寺)

放哉を好きな人も、イメージが悪いな、と思っていらっしゃる方も、先ずは放哉について知り、俳句にも触れてみませんか。

小豆島観光協会 岸本
posted by 小豆島観光協会 at 17:37| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

春の火災予防運動 一斉放水訓練が行われました

3月に入り、日毎に季節の移り変わりを感じるようになってきましたね。

先日、小豆島にある2つの高校でも最後の卒業式が行われたり(4月から2つの高校が統合されて1つの高校になります)、梅の花やミモザなど春の花が咲き始めたりと小豆島にも春はすぐそこまできています。


そんな春は全国的に火事の多い季節でもあるそうで、3月1日から3月7日まで「春季全国火災予防運動」が行われています。

土庄町では昨日、3月5日に各地区消防団による一斉放水訓練や、消防用設備点検などが行われました。

P1100635.JPG
一斉放水訓練に集まった土庄町消防団


DSC05979.JPG
地域での設備点検




一昨年結成した土庄町女性消防隊も一斉放水に初参加することになり、事前にポンプやホースの点検と使い方の再確認をしてから一斉放水訓練に臨みました。

IMG_3654.JPG
ホースの延ばし方や結合を再確認

IMG_3652.JPG
ポンプの使い方も復習


もしもの場合にきちんと使えるように定期点検や訓練は大切ですね。


ホースとホースをしっかりと繋げているか、水漏れしていないかなど確認しながら延ばし、海に向かって一斉放水

P1100651.JPG

P1100671.JPG

P1100691.JPG


小豆島でも昨年12件の火災が起こっているそうです。
災害も火災もいつどこで起こるか分かりません。


皆さんもお家や職場、地域など身近な場所から火災の予防・防災への対策などに取り組んでくださいね。


IMG_3646.JPG


小豆島とのしょう観光協会 川下

posted by 小豆島観光協会 at 16:25| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

小豆島観光国際化セミナーを開催しました

先日初めての試みとなる「小豆島観光国際化セミナー」を開催しました。
昨今のインバウンド来島増加に伴い、よりグローバルな視点をもってもらえればという目的で開催の運びとなりました。講師には、タイと日本の相互理解を深めるため、長年様々な地域で活動をしていらっしゃる、コリ企画代表取締役の比護千春様に「タイ人観光客の求めるもの」というテーマでご講演頂きました。比護様は、タイと日本の相互理解を深めるためのサポート役として、通訳・翻訳・撮影コーディネーション、イベントの企画やタイ市場への進出サポートなど、多岐にわたって携わっていらっしゃいます。
DSC03225.JPG
セミナーでは、@タイ、タイ人を知る A前例「長崎」から学ぶ B香川の取り組みと向かう先 という三本柱でお話が進んでいきました。
@タイ人を知る、というところでは、タイ人観光客の特徴や好まれるものなどをお話頂きました。
タイの方は、旅行先での写真をSNSなどにどんどんUPし、周りの人に見せたい!という気持ちがとても強い傾向にあるそうです。綺麗な景色はもちろん、他の人が食べたことのない物、見たことのない物を、周りに自慢する(発信する)欲求が強く、それが旅行先で撮る写真にも出ているそうです。

具体的な例では、日本の懐石料理。一品一品順番に出てくる懐石料理ですが、タイの方は写真映りを重視するため、一度に豪勢に並んでいるところを撮りたいのだとか。
そういう気質を知っていないと、ちょっと驚いてしまいそうな行動ですが、きちんと相手を知っていれば対応することが出来ますね。
DSC03227.JPG
また、タイ人が好む「味」についても話がありました。比護様がタイからお持ちになったお菓子と飲み物を試食し、実体験をもって学ぶことが出来ました。
このお菓子、とっても味が濃い!とにかく甘い!日本の甘さともまた違う甘味です。
隣のお茶もひと口・・・え!お茶なのに甘い!?
私たちの常識を覆す、まさに異文化体験でした。

B香川の取り組みと向かう先というパートでは、「情報」というのが一つのキーワードになりました。
比護様からは「まだまだ情報が足りない。皆さんから発信してもらわないと、私たちはわからない。」と情報不足の現状をお話されました。
当日参加者からは「釣り」「秋祭り」など、もっともっと海外へ出していけそうな魅力がいくつか出され、私たちとしても非常に参考になりました。
DSC03222.JPG
このセミナーを通して、タイに限らず、海を越えた海外へ、「島にはこんな場所があるよ。」「こんな体験が出来るよ。」「この季節にはここがきれいだよ。」といった情報をもっともっと発掘して、発信していく必要があると感じました。そのためには相手を知り理解すること、それが国際化への一歩だと思います。

小豆島観光協会 角田
posted by 小豆島観光協会 at 13:30| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

小豆島の風景を詠む(小豆島観光俳句)

3月になりました。

まだまだ寒いものの、日中の陽射しは明らかに冬とは変わってきました。

なんといっても、いろんな花が咲き始めて、島の中が華やか。

この時期の小豆島らしいものを少し紹介します。

ミモザ1.jpg
ミモザです。黄色のふわふわした花が開きはじめました。

ミモザ2.jpg

オリーブの丘にはこのミモザがたくさん植えられていて、ご覧のとおり密集して咲きますので、
満開になるとインパクト大です。


こちらはジョウコウジザクラです。

ジョウコウジザクラ1.jpg


ジョウコウジザクラ2.jpg

小豆島八十八ヶ所霊場 八番札所 常光寺にだけ咲く早咲きの桜です。
ソメイヨシノなどよりは少し小ぶりで、その分ピンクが濃いように感じます。
ちらほら咲いていますので、見ごろはこれから。
参照ブログ「春を告げる花たち


海も明るい光を受けてキラキラしています。

海.jpg


そんな日は夕陽も抜群。

夕陽.jpg



小豆島町観光協議会では、投句箱を島内7か所に設置して、小豆島の季節折々の情景を、旅の方たちに俳句として詠んでいただき、投句してもらっています。

投句箱 小.jpg

小豆島観光俳句については以前のブログを参照ください。

今年も約750の投句をいただき、先日選句いたしましたので、ご披露いたします。
選は今年も中塚元三様と柴田ネ豊美様にお願いいたしました。

<特選>
揺れまかせデッキベンチに三尺寝    兵庫  高橋 純子

農に生く心のしるべ虫送り         香川  武田 幸栄

オリーブ油が風味引き立て夏料理    香川  佐々木 宏風


<佳作>
廃校のガラス戸春の海区切る       京都  宮本 信代
春の海オリーブの葉に招かれて      埼玉  市川 千代子
千枚の青田天から奈落まで        兵庫  辻 桂湖
夏の海分けて天使の散歩道        大阪  次井 義泰
分校の窓いっぱいの夏の海        岡山  酒井 久枝
オリーブのあまたの粒に夏の雨      埼玉  大原 黎子
秋雨の雲湧き立たす寒霞渓        奈良  森脇 悠介
春隣り島の球児の潮満ちる        滋賀  奈良 薫



ご投句いただいた皆様、素敵な句をありがとうございました。



小豆島町観光協議会   高岸
posted by 小豆島観光協会 at 10:04| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

海上のアルプス

先日お誘いいただいて憧れの大嶽に登りました。
大嶽は、単独の山ではなく小豆島の南東部に連なる山々の一つです。

“醤の郷”と呼ばれる醤油蔵や佃煮工場が立ち並ぶ地域にあって、醤油蔵の白い漆喰壁や醤油の発酵によって黒くなった屋根の風景の先にそびえ立ち、そのかっこいい岩肌と、山々の稜線の美しさに、いつも目を奪われてきました。
DSC03196.JPG

少し離れたところから見るとこのような風景。
DSC03199.JPG
まるで海の上に山々が連なっているようで、“海上のアルプス”とも呼ばれているそうです。

大嶽の東の尾根は碁石山に連なります。
小豆島には八十八ヶ所霊場があり、山谷や海のすぐそばなど、変化に富んだ自然の地形を利用した寺院があるのがその特徴のひとつですが、この碁石山は、小豆島八十八ヶ所霊場 第2番札所で、山頂近くに洞窟のお堂がある霊山です。
碁石山から大嶽、また、碁石山からさらに東には、第1番札所 洞雲山へと尾根づたいに続き、山々全体が修行の場だったと考えられます。

大嶽へは、碁石山の本堂へ向かう途中に登山口があります。

※登山口と言っても、表記があるわけではありません。「碁石山へ」と書かれた看板のすぐ横から進みます。
登山道も、ところどころ木や岩に目印がついている程度ですので、特に草木が生い茂る初夏から秋にかけて歩かれる際は十分ご注意ください。


登山口から山頂までは、途中、枯葉が積もった滑りやすいところや、グラグラする石の転がるところ、さらには細く転げ落ちそうな尾根、這いつくばって上がる急な岩場など、私にとってはドキドキする難所がいっぱいでした。
DSC02997.JPG

DSC03018.JPG

でも、ウバメガシの群生の中を歩く気持ちのよい道もあり、1時間半ほどで元気に山頂に着くことができました。
DSC03015.JPG

山頂からの眺望は最高!!!
DSC03036.JPG

山頂まではほとんど展望のきかない道が続いただけに、急に現れる360度のパノラマに、思わず感嘆の声をあげました。
南に「二十四の瞳」の舞台 田浦半島が伸び、目の前の内海湾を囲むように三都半島から寒霞渓、星ケ城山が連なっているのがよく見えます。
DSC03026.JPG

この日は少し曇っていましたが、暖かく風もなく穏やかな空と山と海の眺望は美しく感動的でした。
途中の道は少し険しかったですが、この絶景が待っているのなら、また快晴の時にチャレンジしてみたいと思いました。

海のイメージが強い小豆島ですが、ここ大嶽の他にもたくさんの変化に富んだ山があります。
少しずつ登って、またご紹介していきたいです。

小豆島観光協会 岸本
posted by 小豆島観光協会 at 13:29| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする