2018年08月28日

2018年の中山農村歌舞伎


残暑の厳しい日々が続きますが、
小豆島では少しずつ秋を感じる景色を見かけるようになりました。





IMG_8732.JPG







中山地区では、稲穂が実った田で稲刈りが始まりました。






IMG_8731.JPG





IMG_8737.JPG






中山地区の秋、といえば、新米や彼岸花、などがありますが、
なんといっても「中山農村歌舞伎」ではないでしょうか?






20151011_L1016266_kh.jpg








約300年前にお伊勢参りに出かけた島の人々が上方から伝えたとされる小豆島の農村歌舞伎。

多いときは、島内で約140か所の上演場所(仮舞台を含める)があり、

700人を超える人が歌舞伎に関わっていたといわれています。

現在は中山地区と肥土山地区のみに残されています。







IMG_8491.JPG







中山農村歌舞伎は、春日神社の奉納歌舞伎として行われ、


国指定重要有形民俗文化財「中山の舞台」で演じられますが、
この舞台は、桟敷席を挟んで、南向きに鎮座する春日神社と向かい合うように建てられています。





棚田や山々の緑に囲まれた桟敷に腰を掛けると、
鳥のさえずりや湯舟山から湧き出た水が流れる音などが聞こえ、
時間を忘れてしまいそうな空間が広がります。





秋の棚田 (3).JPG




そんな場所で、
今年は10月7日(日)午後5時から上演いたします。

演目は、

【第1幕】三番叟

【第2幕】青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃いの場(白浪五人男|子ども芸)

【第3幕】恋飛脚大和往来 封印切

【第4幕】奥州安達ヶ原三段目 袖萩祭文の場

となっております。



暑い夏休み。

子どもたちは、読み合わせの稽古から始め、読み方やせりふの調子など、
ものすごい速さで覚え、しっかりと練習をしています。





IMG_7523.JPG





もちろん、大人たちも同じく頑張っています。

毎年、「今年は間に合うかどうか・・・」と言いながら、本番になるとビシッと決めるのが中山農村歌舞伎。


本番が今からとても楽しみです。






IMG_7521.JPG




入場無料、観覧自由です。

ぜひ、生の農村歌舞伎を体感してみてくださいね。



*中山春日神社奉納歌舞伎*

【日時】2018年10月7日(日)午後5時開幕
【会場】小豆島町「春日神社」





小豆島町企画財政課 広報担当 中川
posted by 小豆島観光協会 at 18:06| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

8月19日(日)開催!海峡のともしび『第10回淵崎おんばたルミナリエ』

今年も海峡のともしび『淵崎おんばたルミナリエ』が開催されます。

IMG_0736.JPG


今年は第10回。
ギネスブックに載っている世界一狭い「土渕海峡」のまわりに、イルミネーションと、
小学生が『私の夢』を描いた夢灯ろうが飾られ水面が美しくきらめきます。


IMG_0729.JPG

今年のテーマは「洋上の音色と輝き」。


19:30〜と20:30〜は、海上で「洋上のバイオリニスト 中村公一」さんによるバイオリン演奏も行われます。

IMG_0739.JPG  

ぜひ光と音の輝きを楽しみにいらしてください。

日程2016年8月21日(日)時間19:30〜21:00アクセス淵崎おんばた会館前詳細【主催 淵崎村里づくり推進協議会】

小雨決行
荒天の場合 8月26日(日)に延期

MX-2650FN_20180816_165321_0001.jpg

お問い合せ淵崎村里づくり推進協議会(葛西 tel 0879-62-0157 西崎 tel 0879-62-0159)

小豆島観光協会 新名
posted by 小豆島観光協会 at 16:59| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

「小豆島町ふるさと商工まつり」フェイスブックページができました

暑さ厳しく、クーラーの電気代を気にする余裕もないほどです。


酷暑とはこういうものか、と面食らうような日々がしばらく続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。



さて、明日はいよいよ第38回小豆島まつり。内海総合運動公園で行われます。


一年ぶりの小豆島まつり、夜店、屋台、ステージイベント、小豆島おどり、花火などを、余すことなく満喫してほしく、関係者総出で最終の準備を進めております。


17:30からスタートです。ぜひ!




というのが、最初のお知らせでして、次に「第13回小豆島町ふるさと商工まつり」のフェイスブックページ開設のお知らせです。


地元の商店や団体が一堂に会する「商工まつり」、今年は10月28日の開催です。


IMG_1279.JPG
小豆島の「モノ、人」


DSCN8844.JPG
商工まつりでは、たくさん出会えます


出店者さんの情報、イベントの情報などをタイムリーにお届けすべく、また島内外の皆さんにひろくお届けすべく、この度、手さぐりでフェイスブックページを作成しました。



(なお、出店者募集はもう始まっています!)




どう運用していくか、事務局一同頭をひねっていますが、温かく見守っていただければと思います。










(まずは明日、雨が降りませんように)


小豆島町 商工観光課 たからだ





posted by 小豆島観光協会 at 10:49| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

夏が来ました


早くも7月、季節は夏です。


小豆島は先日の台風から雨続きで、本格的な夏をまだ感じられない毎日ですが、

夏のお楽しみ情報を少し提供させてくださいね。


まずは、海水浴。


豊島を含め、小豆島には海水浴場が8か所あるのですが、

7月1日にはオリーブビーチで海開きが行われ、他の海水浴場も

次々と海開きとなりますので、夏への準備は着々と進んでいます。



ビーチ1.jpg


ビーチ3.jpg


ビーチ2.jpg


マリンスポーツ.jpg


オリーブビーチでは、

ジェットスキーやバナナボート、ディンギーヨットセイリング、ウェイクボード、

水上スキー、サップなどのマリンスポーツも充実しています。


道の駅小豆島オリーブ公園もすぐそこ、ビーチから出ている渡し舟を利用すると、

所要時間10分で二十四の瞳映画村へも行けますので、観光もあわせて楽しめます。
MX-2650FN_20180705_155547_0001-thumbnail2[1].jpg






それに、夏のお楽しみと言ったら、お祭りもかかせません。

小豆島では、夏の間各地区でたくさんのお祭りがあります。


P8153828スーパーボール.jpg


花火4.jpg


夏まつりカレンダーを参考に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

なんだか懐かしい、ほっとするような気持になります。


MX-2650FN_20180705_155434_0001.jpg






暑さは苦手ですが、雨よりもやっぱりこんな夏の風景が待ち遠しい今日この頃です。

海.jpg




小豆島町観光協議会  高岸



posted by 小豆島観光協会 at 17:26| 香川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

そうめんを食べるなら・・・。7月7日!

7月7日はそうめんの日。

遠い昔、平安時代から宮中でも七月七日に素麺を食べていたとか。
書物「延喜式」には「夏に素麺をたべると大病にかからない」と書かれてありますし、
細長い素麺は天の川にも見えなくも・・ない・・・?

051.jpg

うどん県の中にありながらそうめんの産地の小豆島。

小豆島の手延べそうめんは日本三大そうめんの一つで
特徴はめんをのばす際にごま油を使っていること!
ごま油も小豆島の特産物。

3d6af5a12bf559a73d570015c435a1aa1.jpg

江戸末期から作られていて全国販売額のシェア全国1位。
ゆであがった麺もごまの香りがほのかに香りますし、
土庄港はフェリーで着くとごま油の香りが迎えてくれます。

023.jpg

天日でそうめんが干されている様子はとても美しい小豆島の風物詩。
所さんの目がテン!でも先日小豆島のそうめんが紹介されました。

P1010546.JPG

食べるのはもちろん。
小豆島のそうめんは味わう以外にも「はしわけ体験」で楽しむことができます。
長いお箸を使ってびよーんと伸ばすとその弾力にきっと驚くことまちがいなし。

P1010560.JPG

シンプルなそうめんでも、
もちもちの食感にこだわるお店や乾麺ならではのこしにこだわる会社やアレンジの効いたいろんな味や素材のそうめんを作っているところを生産者の方のこだわりもあって、「そうめん」とひとくくりにしてもいいのかなって思うくらいです。

生そうめん.JPG

そうめんもお出汁で食べるだけではなくて、

IMG_2752.JPG

パスタやラーメン風。

島愛麺.jpg

皿うどん風の揚げ出しそうめん。
いろいろな形の発展形のそうめんを島内で楽しむことが出来ます。
お出汁にオリーブオイルを入れるだけで一気に洋風です。

065.jpg

実は奥深いそうめんの世界。
プロジェクトも進行中だとか。
楽しみですね。

P1010783.JPG

今はほとんど見なくなりましたが、
生のそうめんを編んだ「オイナワソウメン」はお仏壇にそうめんを長いまま、のれんのように編んで掛けるもの。

047.jpg

食べたり、体験したり、小豆島ではそうめんはとっても身近な文化の一つです。

平安時代から脈々とつながるそうめんの日。
1300年の日本の伝統にしたがってそうめんを食べるしかありませんね。

夏のそうめん体験はこちらからご覧ください。

はしわけ体験

食事処


小豆島観光協会 新名
posted by 小豆島観光協会 at 13:06| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする