2017年07月03日

アートノショーターミナル写真展


昨年の瀬戸内国際芸術祭2016をきっかけに『アートノショーターミナル』として生まれ変わった土庄港フェリーターミナル。

IMG_9854.JPG
アートノショーターミナル


船の待合所としてだけではなく、今もアート作品を楽しむことができます。

IMG_4208.JPG


先週、2階のアートスペースに展示してある写真展がリニューアルされました。

IMG_4214.JPG

「TOKYO 東京2」鈴木弘之写真展

この写真展は、2011年5月、上海美術館にて開催された「TOKYO 東京」のアートノショーターミナル版。
当時東京にて日々行われていた建築現場の写真展となっています。

IMG_4217.JPG

IMG_4219.JPG


また、この写真展示に合わせて、地元中学生を対象に鈴木弘之氏の講演会も開催されました。

鈴木氏は、

「海上滑走路建設や高層ビル建築を人間の知恵と力と計算で創ることを理解いただき将来のなりたい「夢」をひとつ加えることができれば」と思いを語ってくださいました。

P6280164.JPG


圧倒的な大きさの建造物。
複雑に入り組んだ迷路のような構造。
それを創り上げていく人の力。

モノトーンの写真に込められた思いをぜひ、感じてみてください。

また、土庄港周辺には、「太陽の贈り物」や「石の絵手紙」などのアート作品もありますので、ぜひ合わせてご覧くださいね。

IMGP2577.JPG
太陽の贈り物


IMG_1454.JPG
石の絵手紙


*土庄港ターミナルビル横の駐車場は1時間以内まで無料で駐車できますので、ぜひご利用ください。


小豆島とのしょう観光協会 川下



posted by 小豆島観光協会 at 12:02| 香川 ☀| ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会エントリー受付始まりました!

梅雨も後半に差し掛かり日に日に暑さが増してきている小豆島です。

さて、今年も38回目となる瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会が秋の小豆島で開催されます。

タートルチラシ.jpg

2014.11.30タートルマラソン 170.JPG

10q、ハーフ、フルマラソンの3種目で記録よりも完走を目指すこの大会、地元の人の声援や沿道や会場での「お接待」などもあり地域をあげて選手を応援します。

IMG_8432.JPG

開催日 2017年11月26日(日)9:00〜15:30※雨天決行
会 場 土庄町役場〜小部地区
参加料 一人4,000円(税込)
定 員 3,000名
種 目 フルの部(42.195km)/ハーフの部(21.0975km)/10kmの部
      ※エントリー後の種目変更は一切受け付けられません
問合せ タートル・フルマラソン大会事務局(土庄町商工観光課)
    電話:0879-62-7004 メール:kanko@town.tonosho.lg.jp


そして、6月30日(金)よりエントリーの受付が開始されます。

大会要項はこちらからダウンロードできます。
大会要項.pdf

インターネットでの申し込みは大会ホームページまたはランネットから
大会HP:http://setonaikai-turtle-m.com/
ランネット:https://runnet.jp/

タートル.JPG

秋の小豆島路を健やかに走ってみませんか。
定員に限りがありますのでエントリーはお早めに!

土庄町商工観光課 石床
posted by 小豆島観光協会 at 00:00| 香川 ☁| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

水面輝く、蛙子池

梅雨空が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
先日梅雨の晴れ間に、肥土山地区にある蛙子池に行ってきました。

P6180118.JPG

春には桜の名所として多くの人が訪れる場所ですが、この日はすっきりとした好天に恵まれ、山並みが水面に映り輝いていました。
緑の山とエメラルドグリーンの池、そのコントラストがとても美しいです。

P6180128.JPG
池の周りはぐるっと遊歩道になっています

蛙子池は、伝法川沿いの水不足を解消するため、1686年に造られた小豆島最大のため池です。
当時、肥土山村の庄屋であった太田伊佐衛門典徳が水不足解消のため工事に着手。工事は難航し、典徳は自身の私財や水田を売り払い、その資金を調達したそうです。そしてその苦労の末、1686年に完成したのがこの蛙子池です。

P6180124.JPG
池のすぐ横にも豊かな水田が広がっています

6月15日に待望の池水が肥土山の離宮八幡神社まで達し、それを喜んだ百姓たちは、神社の境内に仮小屋を建てて芝居を催しました。それが肥土山農村歌舞伎の始まりであるといわれています。
kabuki (15).JPG
350年以上続く肥土山農村歌舞伎

農林水産省選定の「ため池百選」にも選ばれている蛙子池。
この美しい風景に、先駆者たちがつくり上げた歴史が今も息づいています。

小豆島観光協会 角田

posted by 小豆島観光協会 at 15:18| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

夏がやってきます

もうすぐ7月。季節は夏本番を迎えます。

小豆島の夏は大忙しです。

7月に入ると、毎日どこかであるといってもいいくらい、たくさん夏まつりが行われます。

いつも地域の人たちによって守られている神社も、日々の感謝とともにあらためて祀られ、夜店や打ち上げ花火があったり、福引や餅投げがあるお祭りなどもあり、大人から子どもまで楽しめます。

花火ブログ2.jpg

まつり5.jpg

そんな夏まつりや、町内で行われるイベントを一覧にした、
「まつりイベントカレンダー2017」が今年もできあがりました。

夏まつりカレンダー大.tif

8月15日には、毎年恒例の「第37回小豆島まつり花火大会」が開催されます。

ただいま、メッセージ花火を募集していますので、興味のある方はぜひ。

それに、各ビーチでは海開きも行われます。

海水浴.jpg

海水浴情報はこちらから

今年の夏も楽しくなりそうですね。
小豆島の夏を思いっきり楽しんでください。


小豆島町観光協議会  高岸
posted by 小豆島観光協会 at 16:10| 香川 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

小豆島のPower Tree 小豆島の木・木・木

小豆島には立派な古木・老木が多数あります。

小豆島霊場31番札所【誓願寺】にある大ソテツはその名の通り大変な巨木で、一株から5本の枝に分かれ横に縦に大きく張っています。
041.JPG

日本一の蘇鉄とも言われ1924年に国指定天然記念物認定され、樹齢は1,000年以上と言われています。
036.JPG

支えが無いと保てないくらい太く張っています。
039.JPG


次は、小豆島霊場54番札所【宝生院】の真柏(シンパク)
063.JPG

その大きさで訪れる人に驚きを与える老巨木です。
071.JPG

地上1m位のところから3本の枝に分かれ、横に大きくせり出して上方に伸びています。
応神天皇お手植えとも言われ、樹齢は1,500年以上とか。
065.JPG


現在、樹木医の診断により木の健康度が5段階中Vの「不良」であったため、木の健康維持の為に直接地面を踏まないよう、木の周りにデッキがつくられその上から観ていただく事になります。
072.JPG

私は、この真柏の近くに来ると、モヤモヤが晴れさわやかなな感覚を覚えます。
木の浄化パワーでしょうか?個人的にPower Treeだと思っています。


また、誓願寺と亀山八幡宮には【香川県の保存木】として指定されている巨木があります。

058.JPG
●亀山八幡宮の真柏(過去、雷に打たれそれ以降は上方には伸びていません)

046.JPG
●誓願寺のイブキ

香川の保存木の情報はコチラ→ http://www.pref.kagawa.lg.jp/kankyo/shizen/guidemap/tree/tiiki/syoudosima.htm

小豆島には見どころ・観光スポットが沢山ありますが、『木』に特化した観光も面白いのでは?

巨木・老木の多くが寺社仏閣内にありますので、参拝もお忘れなく!

小豆島観光協会 小川






posted by 小豆島観光協会 at 18:11| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする