2018年03月13日

土庄港 アートノショーターミナル2Fギャラリーにおいて、鈴木弘之氏 写真展「THE NEXT LEVEL」を開催中

この写真展は、2013年ニューヨーク市のトランジット・ミュージアムにおいてグランド・セントラル駅の100周年の最後の展示会として開催されたものです。

IMG_3611α.jpg


鈴木氏は、グランド・セントラル駅の下で行われている巨大な建設計画の一瞬を捉えています。

IMG_3622α.jpg

この計画、イースト・サイド・アクセス・プロジェクトは、グランド・セントラル駅の地下18階に広大なターミナルを建築し、そこにロングアイランド鉄道(LIRR)の電車を通すというものです。
写真展は、ニューヨーク市の首都圏交通局(MTA)の、イースト・アクセス・プロジェクト、国家の最も大きな単体のインフラストラクチャ―計画の地下洞窟をモノクロ写真で劇的な瞬間を捉えたものです。

IMG_3616α.jpg

IMG_3618α.jpg


これらの作品に溢れる日常のきらめき、そしてコミュニティと人々の生活をより良いものとするために、人目に触れない場所で懸命に働く人の素晴らしさを感じていただけると幸いです。


IMG_3614α.jpg


土庄町商工観光課
posted by 小豆島観光協会 at 09:16| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

3月8日はミモザの日

島内では今年もミモザの花がちらほらと咲き始めました。
3月8日は「ミモザの日」ということをご存知でしょうか。
P3090056.JPG
3月8日は国連が決めた「国際女性デー」です。1904年3月8日にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めてデモを起こしたことがきっかけで、1910年にコペンハーゲンで行われた国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱したことから、同年「国際女性デー」と制定されました。
P3090059.JPG
イタリアではこの日、「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ、男性が日ごろの感謝を込めて、母親や奥さん、会社の同僚などにミモザを贈ります。このことから「ミモザの日」とも呼ばれるようになったそうです。素敵な習慣ですね。
P3090058.JPG
ミモザの花言葉は、「友情」「思いやり」「力」「女性らしさ」。
ふわふわとした柔らかい花は、今年も見る人をそっと癒してくれます。

小豆島観光協会 角田
posted by 小豆島観光協会 at 13:50| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

今年もやります、豆イチ!!

昨年の5月に初めて開催された小豆島一周サイクリング「豆イチ&無人島BBQ」が今年も4月29日(日)に行われます。


pos.jpg

mame1-1.JPG


これは、土庄町の地域おこし協力隊の須藤さん(イベント企画)&稲子さん(食のコーディネーター)が企画するイベントで、小豆島をぐるっと一周しながら、途中、小豆島の食材を使った料理の楽しめるエイドステーションがあったり、船で無人島に渡ってバーベキューを楽しんだりと小豆島の美しい景色と豊かな食の魅力を思いっきり楽しむことができるイベントです。

mame1-8.JPG

mame1-6.JPG

amme1-3.JPG

mame1-7.JPG


mame1-5.JPG


全長63q、途中にはアップダウンもありますが、自転車で風を感じながら走る爽快感、走った先に待つ美味しい料理、小豆島を一周する(豆イチ)達成感はこのイベントでしか味わえません。

サイクリングは初心者で一周できるか心配という方もキツイ坂道エリアは車でワープできるなどフォローアップ体制もバッチリなので、安心してぜひ参加してくださいね。


参加申し込みはすでに始まっていて、申込期限は3月9日(金)までとなっています。

多くの方の参加、お待ちしてます!


詳しい内容は土庄町役場HP


mame1-2.JPG


小豆島とのしょう観光協会 川下


posted by 小豆島観光協会 at 18:45| 香川 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

小豆島のオリーブは世界へ!!

先日2月25日に東京都で行われた「東京マラソン2018」。
今年の参加者(出走者)は36,000人以上、特に今年はマラソン男子の設楽悠太選手が日本新記録をたたき出すなど、大きな話題となりましたね!

さてさて、この東京マラソンに小豆島が関わっていることをご存知でしょうか。
ヒントはこちらの写真。
25_00_05.jpg
東京都の小池知事が優勝者へ授与しているこちらの冠、実は小豆島のオリーブで作った冠です!
道の駅小豆島オリーブ公園のスタッフが手作りで作成し、小豆島町役場オリーブ課の職員が当日東京までお届けしました。2017年の東京マラソンから使われています。

オリーブの冠は1つにつき約30本の枝を重ねて束ねながら作ります。
始めはこんな感じ。
P6160092.JPG
うまく重ねながら束ねていきます。
P6160100.JPG
簡単そうに見えますが、葉っぱの向きや枝ぶりを考えながら輪を作っていくのは至難の業…。
オリーブの葉は、表が緑、裏は白っぽい色をしているので、色の見せ方を考えながら作るのも大事なポイントです。
P6160111.JPG
完成!!(写真は実際に東京マラソン2018で使用したものではありません)

みなさんここで疑問が湧くのではないでしょうか。
「月桂樹」と「オリーブ」の冠の違い、ご存知ですか?
7dacf946cad6e6afc1d61cdacfdf013a-480x320.jpg
こちらは月桂樹


調べてみたところ、芸術の神様アポロを讃えて贈られるのが『月桂冠』で、マラソンなど陸上競技の勝者に贈られるのは、スポーツの神様ゼウスを讃える『オリーブ冠』だとか。一見同じように見える二つですが、そんな意味合いがあるのですね。ちなみに、ノーベル賞授賞式では月桂樹の冠が使われています。

小豆島のオリーブ冠は東京マラソンだけでなく、他にも別府大分毎日マラソンや大阪国際女子マラソンなどの各大会でも使われています。
ぜひ勝者の冠にも注目してみて下さいね。

オリーブの島・小豆島から世界へ。
世界中の競技者とオリーブを通じて繋がれることを嬉しく思います。

小豆島観光協会 角田
posted by 小豆島観光協会 at 14:35| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

おもてなしと感謝の気持ちをギュッとこめて

平成10年から毎年行われているオリーブリースの作成会が
道の駅小豆島オリーブ公園で行われました。

P1010504.JPG

作成会は今年で20回目。
毎年、バレンタインの時期に島内の観光関係者のみなさんで小豆島のオリーブの枝でリースを作り、
島に訪れた方にプレゼントしています。

P1010512.JPG

今年初めて作るという男性もいれば、
まるで職人のように手際の良い方もいらっしゃいます。
約50人ものみなさんが和やかな雰囲気の中でわきあいあいと、
または黙々とリースを作っていきます。

P1010529.JPG

大きな丸や小さな丸。
枝によって仕上がりはいろんな大きさ。
愛情がたっぷり込められた世界でたった一つの手作りリースが
3300個も出来上がりました。

P1010519.JPG

出来上がったリースは一つ一つラッピングされて、
島内の観光施設でバレンタインデーにあわせて手渡されます。
オリーブは「リースにして玄関に飾るとその家に幸せを呼び込む」という言い伝えがあるとか。

P1010517.JPG

おもてなしと感謝の気持ちをギュッとこもった手作りのリース。
みなさまに元にたくさんの幸せを呼び込んでくださいますように!


小豆島に行けないよという方は
お庭のオリーブで手作りするのはいかがでしょうか?

【準備するもの】
・40cm程度のオリーブの枝
・20cm位のリボンとワイヤー(リボンのワイヤーは結べるように伸ばしておきます)

IMG_8670.JPG

1.オリーブの枝を両手で持って、輪にします。

IMG_8676.JPG

2、ほどけないように枝を絡ませ、ひっかけるようにして止めて、
リボンをつけるだけで出来上がりです。

DSC00781.JPG

枝は柔らかめの方が輪にしやすいですよ。
長めの枝を使うとゴージャスに。リボンもいろいろアレンジするのも楽しいです。

P1010516.JPG

とっても簡単ですので、こたつで暖まりながらご家族一緒にチェレンジしてみて下さいね。

小豆島観光協会 新名
posted by 小豆島観光協会 at 12:58| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする