2018年05月01日

しょうどしま母娘旅

おかーさんが
フェリーにのって
やってきた



移住してひと月たちました。
故郷の母が、心配してか、観光したいのか、遠路はるばるやってきました。

いまの時期、島内にはいたるところに天然の藤が咲いています。
家庭の庭先に藤棚をつくって…ということではなく、
山の木に蔦を這わせて、咲きまっているのです。
わたしも驚きましたが、母も感動しきりでした。


BA521769-73DB-44AA-AB12-9E09353EA483.jpeg



母のリクエストでやってきたのは、寒霞渓。
新緑まっさかりでした。山頂では、ショウドシマレンギョウも見られました。
わたしのお気に入りは鷹取展望台です。
映画「八日目の蝉」のロケ地でもありますが、他の展望台よりも奥まっていて、ひとも少ない穴場です。
みどりが優しく、葉の音もやわらかく、とても心地のいい時間でした。


882E26D0-B8DB-441D-A126-2EDBE402D0B6.jpeg


しょうどしま母娘旅さいごの夜は、月がとてもきれいでした。
もうすぐ満月のお月さんは、赤みがかかって、おいしそうでした。
島の海は、波がないので、月の光が海面にまっすぐな道をつくります。

2437AC69-5181-425D-B49D-D41CD3D1CB21.jpeg


島では、なんにもしないで過ごすのがおすすめ!なんて思っていますが、なんだかんだと動き回ってしまいました。それだけ良いところ、自慢したいところがたくさんあるということです。

つぎはゆっくり来て、暮らすように過ごしてもらおうと思います。


小豆島観光協会 青山


posted by 小豆島観光協会 at 10:43| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

春の風物詩 こいのぼり

サクラが散ったころ、島のいたるところでこいのぼりが泳ぎはじめました。

中でも気持ちよさそうに泳いでいたのが、小瀬にある旧戸形小学校にあがったこいのぼり達。
体育館の裏山から、約80メートル沖合いの岩礁まで一斉に泳ぐこいのぼり。
この日は、曇り空でしたが瀬戸内海らしい穏やかな波で、こいのぼりたちもゆったり泳いでいて、迫力はあるけど、心穏やかになる景色でした。

こいのぼりの設置は、同校が1990年から行っていた伝統行事で、2005年に廃校となった後も、戸形地区村里づくり委員会や自治連合会などが中心となって、継続しています。

7DCED50F-7A2F-44AC-A2ED-AAE3E556BC1B.jpeg


この春、島に引っ越してきて、きょうで二週間が経ちました。
東京で働いていたころとは、いろんなことが違っています。
ひとつの違いは、身近なところで季節を感じられること。
すぐそこに海があって、山があるので、季節のうつろいも身近です。
山肌にのぞくサクラ色が、今ではつつじの淡いむらさき色に変わったり。


つぎはどんな景色が見られるかなあ、と日々のたのしみになりました。


小豆島観光協会 青山
posted by 小豆島観光協会 at 09:22| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

アジアンな傘

 
 春が来ました。
 
 近頃は、急に夏日が続いてみたり、少しやわらいでみたり、そんな気候で見事に風邪を引いてしまいました。皆さまは体調など崩されておりませんでしょうか。
 
 さて、去る4月2日と3日、小豆島町福田(ふくだ)地区にある「福武ハウス」において、夜桜ライトアップが行われました。




 この福武ハウスのもともとの姿は、少子化の影響により廃校となった福田小学校です。
瀬戸内国際芸術祭2013を機に、アジアと交流するためのプラットフォームとして生まれ変わりました。


20131126_104651.jpg
福武ハウス 昼間はこんな感じです



 そして、これまでの芸術祭を通じて、各国からアーティストが訪れ、小学校を舞台に様々な作品が展開され、アートを通じて人と人、人と土地が繋がっていきました。




 そうしたグローバルな交流拠点として活躍している福武ハウスですが、今回は和風な桜のライトアップイベントです。主催は、日頃から福田地区の魅力を発信し続けている「あきゃきゃクラブ」さん。



IMG_5627.jpeg
ライトアップがはじまると多くの人が駆けつけ、用意されたイスに座ったり、写真をとったりしました



IMG_5600.jpeg
傘と桜



IMG_5609.jpeg
色とりどりの傘が並んでいますよ 桜のある風景も異国っぽくしてしまう、この傘はどこから来たのでしょう



そうしていると、隣接する体育館から子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきました。



IMG_5626.jpeg
三輪タクシーのトゥクトゥク 子どもたちはこれに群がっていたのでした



IMG_5616.jpeg
装飾品の「コレー船」 よく見ると神話に出てくる動物が描かれているらしい



IMG_5622.jpeg
ピ・タ・コーンのお面 タイの農村「ダンサディ」でお祭りのときに使用する(子どもたちはこれには近づかない)



子どもたちは珍しい民芸品に大満足。大人も目を輝かせていました。



和風なイベントも結局はどこか多国籍な雰囲気になってしまう、福田地区とはそういう面があるみたいです。


さすが、アジアとの交流拠点!







小豆島町 商工観光課 たからだ
posted by 小豆島観光協会 at 13:12| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

さくらの森 湯茶接待 【開催中止】

4/15(日)開催予定の「さくらの森湯茶接待」は、
天候不良が予想されるため、開催中止となりました。(4/13更新)

Spring has come!!

”ホーホケキョ ケキョケキョ” 鶯の鳴き方も少しずつ上手くなり、
色とりどりの綺麗な花がそこかしこで咲き、小豆島もすっかり春めいてきました。

1.JPG
のどかな島内陸部の風景

2.JPG
八坂神社の枝垂桜(滝宮)

3.JPG
海岸沿いの水仙畑(四海)

4.JPG
山つつじ

そこで、今年も恒例の「さくらの森・湯茶接待」を下記の通り開催致します。

『さくらの森・湯茶接待』 
●日時  2018年4月15日(日) 10:00〜13:00頃 ※雨天中止
●場所  蛙子池・記念碑前 (銚子渓おさるの国駐車場脇から道入ル)

* 先着300名様に煎茶と桜餅のお接待を行います。(無料)
* 駐車台数が限られますので、ぜひ乗合にてお越しください。


6.JPG
蛙子池(4/7現在)

5.JPG

■蛙子池
伝法川沿いの水不足を解消するため1686年に作られた島最大のため池。当時の肥土山の庄屋太田伊左衛門典徳が築造許可や援助を嘆願し工事に着手。水が肥土山の離宮八幡神社迄達した祝いに仮小屋を建て芝居を催したのが、肥土山農村歌舞伎の始まりと言われている。(農林水産省選定 ため池百選)

8.JPG
昨年の様子

7.JPG

島内外から多くのお客様をお待ちしております。
※桜の森迄は、公共の交通機関はございません。


麓ではすっかり満開になっている桜ですが、開催日迄ゆっくりと開花してくれる事を願います。

10.JPG

※蛙子池で尽力された当時の庄屋さんのお名前を「高橋」と記載しておりましたが、正しくは「太田」になります。(4/5更新)

小豆島とのしょう観光協会


posted by 小豆島観光協会 at 14:32| 香川 ☀| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

3月・早咲き桜

「○○の日」が多い今月の小豆島ブログ
シリーズ第3弾!は3月27日の桜の日。小豆島の桜のお話です。

春めいてくるほどに小豆島観光協会には桜のお問合せが増えています。
やっぱりみなさん、桜の季節は心がざわざわうきうきするみたいです。
島内では河津桜や椿寒桜の早咲きの桜が咲き始めています。

P1010651.JPG

小豆島では3月から4月下旬にかけて様々な品種の桜のお花見が出来ます。
その中でもおすすめしたいのが「小豆島霊場八十八桜の会」のみなさんの手で各霊場に植えられた桜。

P1010647.JPG
八十八の霊場にそれぞれ種類が違う八十八種の桜が植えられ、
土壌が合わずに枯れてしまったものもありますが、現在も40数種の花を見ることが出来ます。
中には大樹に育った桜もあって、大きく広げた枝を下から見上げることもできるお寺も。

253.jpg

まるで桜の花に包まれているようでとても優しい気持ちになれる私のパワースポットです。
2月の終わりから3月初めころに咲き始める早咲きの桜「常光寺桜」

P1010668.JPG

第八番札所常光寺さんに咲く、ころんころんとまあるい花がたくさんの寄り添って咲く様子がとても愛らしい桜です。

P1010683.JPG

花の特徴からソメイヨシノと寒桜を掛け合わせたものではないかといわれているそうなのですが、
お寺の方が専門家の方に鑑定をお願いしても品種はわからないままだったそうです。

P1010657.JPG

ここにしかない桜じゃないかと言われて「常光寺桜」と呼ばれ島内で愛されている桜です。

P1010672.JPG

雨に煙る桜の風情も素敵ですね。
常光寺桜はちょうど満開。
ご覧になりたい方はお早目に。

小豆島観光協会 新名
posted by 小豆島観光協会 at 11:10| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする