2015年10月14日

東京カメラガールズ

小豆島では11日より秋祭りが始まり、島内各地がすっかり祭りモードになっています。

3連休を利用して香川県では9日から12日まで、「東京カメラガールズ」のメンバーが、
香川の魅力を女性ならではの目線でとらえ、写し出し、月間2万5千人が閲覧するという
SNSなどで全国に発信するプロジェクト「東京カメラガールズ うどん県・アート県を撮る」が
開催されました。

東京カメラガールズとは首都圏の女性のカメラ愛好家、約700人が参加する
国内最大のカメラ女子サークルです。
写真力向上のための研修、写真で地域に貢献することなどを目的とした活動や
撮影ツアーを行っています。

香川県観光協会などは風景だけでなく食べ物やアート、人や動物など
どんなものにも関心を寄せ、魅力を発見するアマチュアならではの感性を持った
カメラ女子を、レンズを通してこれまでと違った魅力、地元の人では
気づかなかった魅力を発見・記録・発信してもらうため招待しました。
香川県の撮影旅行に参加されたメンバーは51人で、期間中グループに分かれて
県内の観光スポットを訪問されました。

今回、私は小豆島に来島された2名のカメラ女子の撮影旅行に
同行させていただきました。

香川県に来たのが初めてというお2人と小豆島の素敵な場所探しの旅をして
彼女たちの目線から私も一緒に撮影させてもらったので
コースと共に少しご紹介します。

1日目は晴れ、夕方からのスタートだったので1箇所のみエンジェルロードに
行ってきました。
DSC09650.JPG

DSC09645.JPG
この日の干潮は15:14、日の入りは17:38でした。撮影時間は17:37です。

2日目は曇り、中山千枚田と農村歌舞伎舞台、苗羽醤油蔵通り散策路、
酒蔵見学、醤油蔵見学、道の駅オリーブ公園とオリーブ村、
池田浜条地区からの夕陽をめぐりました。
DSCN2059.JPG
岩場を登り313m、笠ヶ滝山頂より
DSCN2075.JPG
苗羽醤油蔵通り散策路、苗羽農免道路より
DSCN2162.JPG
オリーブ村、西村農免道路より

3日目は雨のち曇り、時々晴れ、小江漁港と沖ノ島行きの渡し舟、
手延べ素麺作り見学と体験、馬木散策路、小豆島八十八ヶ所霊場一番洞雲山と
二番碁石山、夕陽ヶ丘からの夕陽、年に1度行われる中山春日神社奉納農村歌舞伎を
楽しみました。
DSCN2124.JPG
小江漁港と沖ノ島を繋ぐ渡し舟
DSCN2138.JPG
手延べ素麺作り体験
DSCN2142.JPG
馬木散策路より
DSCN2159.JPG
碁石山より
DSCN2168.JPG
夕陽ヶ丘より
この日の日の入り17:36、撮影時間は17:00です。

4日目は曇り、佃煮工場、渡し舟と二十四の瞳映画村、午後のフェリーで高松へ渡り、
小豆島の3泊4日の旅は終了です。

さまざまな場所をめぐるうちに、私自身改めて小豆島の魅力を
再確認することができました。

期間中は、めまぐるしいお天気でしたがさまざまな小豆島を
楽しむことができました。
空の色や太陽の位置が変われば山の色、海の色も変わり同じ場所でも
まったく違う表情を見せてくれます。

彼女達が1番驚かれていたのが、島の人のおもてなしの心です。

道ですれ違うと「こんにちは。」と声をかけてくださる方に心が和みました。

どこへ行っても、あたたかく迎えてくれる小豆島の方々に感謝の気持ちで
いっぱいになりました。

観光スポットの案内だけでなく、私達も知らないような小豆島の深い話まで
たくさん教えてくださる方、カメラをかまえると「写真撮るならこっちおいで。
ここからの景色が1番や。」「この角度から撮った方がきれいに撮れるで。」と
カメラ指導をしてくだる方に出会いました。

この短期間中にそんな方々と出会ったのが1度や2度ではないのですから、
小豆島の方々の優しさ、おもてなしの心を感じます。

DSCN2078.JPG

DSCN2097.JPG
彼女達も「小豆島の人ってすごい!まだまだ小豆島を見たい。」
「また今度は、個人旅行で小豆島に来てみたい。」と言ってくださいました。
今回の旅で出会ったような人の温もりや彼女達が小豆島で感じたものなど
目に見えない何かをレンズを通して発信していただければうれしいです。

私も写真の面白さを少しですが、勉強させていただきました。
今後も学んだことを活かして皆様に発信していきます。
皆様も是非、カメラを手に小豆島の“素敵”を探してみてください。



小豆島観光協会 福井
posted by 小豆島観光協会 at 08:35| 香川 ☁| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

10月15日にラジオ番組「旅ラジ!」が小豆島にやってきます!

ステージ付きのラジオイベントカーで全国各地を巡り、
ふるさとの「やる気、元気、本気」を全国に発信することをコンセプトに、
ふるさとの生き生きとした人物や動きを紹介し、地域を応援するラジオ番組「旅ラジ!」。
このたび、小豆島からの公開生放送が決定しました。

ラジオイベントカーが小豆島に来島されるのは今回で2度目となります。
前回は2年前、道の駅 小豆島オリーブ公園より
小豆島のオリーブを紹介されました。
2013年11月11日の公開生放送の様子はこちら

そして今回は、道の駅 海の駅 小豆島ふるさと村より、
小豆島の産業や観光に欠かせない存在になっている
手延べそうめんを中心に島の魅力を紹介します。

sou0001k.jpg

小豆島の手延べそうめんの起源は、約400年前江戸時代の初め(慶長3年)になります。
池田村の農家の一人がお伊勢参りの帰りに大和国の三輪に立ち寄り、
手延べそうめん作りの技術を学び、持ち帰ったのが始まりだといわれています。
その理由は材料が島で揃うこと、冬の農閑期に家族だけで製造できるなどがあげられます。
そうめん作りに適した雨が降らない瀬戸内の自然環境や、
その後にできたそうめん組合の厳しい製品チェックにより小豆島のそうめんは
日本三大そうめんの一つになっています。
日本三大そうめんとは、兵庫県の揖保乃糸、奈良県の三輪そうめん、
そして小豆島そうめんです。
小豆島そうめんの最大の特徴は、めんを延ばす際に使う油に小豆島のごま油を使用していることです。
そのため、風味も味も他とは異なり、弾力と歯ごたえのあるそうめんができます。

小豆島の手延べそうめんを愛してやまない方々をゲストにお迎えし、
そうめんのおいしい作り方や食べ方、新たに開発されたそうめん、
これから寒くなる季節でも楽しめるそうめんなどをご紹介します。
また、旬の行事やイベントなども紹介します。
小豆島の魅力がつまった25分間、皆様、是非ご視聴ください。
また、公開生放送になりますのでお時間のある方は
道の駅 海の駅 小豆島ふるさと村に遊びにいらしてください。
こちらの中継車「90ちゃん号」が目印です。お待ちしております。

90ちゃん 背景白抜き(左向)k.png

放送局:ラジオ第1、NHK-FM、NHKワールド・ラジオ
番組名:旅ラジ!
放送日時:2015年10月15日(木) 12:30〜12:55(25分)
放送場所:道の駅 海の駅 小豆島ふるさと村 駐車場
(雨天の場合は夢想館 多目的ホール「夢工房」内)
司会:NHK高松放送局 保里アナウンサー

パソコンや携帯電話からもラジオを聴くことができます。
インターネットからは…NHKネットラジオらじる★らじる
スマートフォン、タブレットからは…らじる★らじるアプリ 
 (番組予約もできますのでご利用ください!)
詳しい番組HPは…旅ラジ!

小豆島の魅力をひとりでも多くの方々に知っていただければ幸いです。



小豆島観光協会 福井



posted by 小豆島観光協会 at 11:56| 香川 ☁| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

寒霞渓〜星ヶ城を歩く

昨日、CS放送スカイAの「美女山歩」という山歩きの番組が
寒霞渓、星ヶ城を取材してくださいました。

山歩きの魅力を番組を通してお伝えするということで、
小豆島ボランティアガイドクラブの松尾さんの案内で
寒霞渓 表12景と星ヶ城を歩いて登りました。


寒霞渓12景とは

@通天窓(ツウテンソウ)
A紅雲亭(コウウンテイ)
B錦屏風(キンビョウブ)
C老杉洞(ロウサンドウ)
D蟾蜍巖(センジョガン)
E玉筍峰(ギョクジュンポウ)
F画帖石(ガチョウセキ)
G層雲壇(ソウウンダン)
H荷葉岳(カヨウガク)
I烏帽子岩(エボシイワ)
J女蘿壁(ジョラヘキ)
K四望頂(シボウチョウ)

1300万年前の火山活動で誕生し、長い年月によって創り出された奇岩怪岩の表情
を楽しむことができます。


紅雲駅を出発。

寒3.jpg


寒1.jpg
3景 錦屏風(キンビョウブ)
秋には赤や黄色の紅葉で、まさに錦に染まります。


寒4.jpg
4景 老杉洞(ロウサンドウ)
この場所には、正岡子規が寒霞渓に訪れた際に詠まれた句碑があり、
野生の猿が集まってきます。


寒2.jpg
5景 蟾蜍巖(センジョガン)
ひきがえるが、はいつくばっているようです。


寒1.jpg
6景 玉筍峰(ギョクジュンポウ)
玉筍とは、竹の子のこと。まさにその通りです。


寒3.jpg
7景 画帖石(ガチョウセキ)
旅の思い出を写し描く画帖のよう。


寒4.jpg
8景 層雲壇(ソウウンダン)
重なり合う岩々は、雲の祭壇のようです。


寒6.jpg
10景 烏帽子岩(エボシイワ)
今にも落っこちそうな岩は、神主のかぶる冠のようです。


12景 四望頂からの景色は、がんばって登ってきたごほうびのような眺望!
寒5.jpg

寒7.jpg



鷹取展望台へ

寒9.jpg

この場所は映画「八日目の蟬」でもロケに使われた、私の大好きな場所。
この日は、春霞で遠くはかすんでいましたが、それはそれできれい”なのです。



休憩をとり、星ヶ城へ

小豆島最高峰である星ヶ城山は、東峰と西峰があり、
南北朝時代の防御の拠点とした山城跡です。
西峰が本城、東峰が詰の城跡となっています。
共に、阿豆枳島神社があり、
西峰には島の租神として大野手媛、東峰には五穀豊穣の神、豊受大神宮が
奉祀されています。

星1.jpg
檜の小道


星3.jpg


星2.jpg
佐々木信胤を祀る星ヶ城神社


星2.jpg
小豆島最高地点(標高816.6m)を示す一等三角点
知る人ぞ知る、全国の三角点は小豆島の石が使われているそうです。


星3.jpg
西峰からの眺望



寒霞渓、星ヶ城はまだまだここには書ききれない素晴らしいものがたくさんあります。
今回は取材の様子を簡単に書かせていただきましたが、
また、ぜひくわしくご紹介できたらと思います。

春、夏、秋、冬それぞれ違った風景や色彩や空気感
小豆島固有のめずらしい山野草などなど。


これからは緑がとてもきれい!
ぜひまた歩こうと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒8.jpg

「美女山歩」
cs放送局 スカイA スポーツ+トレッキング番組

No,20 香川・小豆島 寒霞渓編
放送予定日:4月18日 12:00〜13:00


小豆島町観光協議会  高岸


posted by 小豆島観光協会 at 14:13| 香川 | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする