2017年10月24日

「さぬき歌舞伎まつり」が行われます

10月28日・29日に琴平町の「旧金毘羅大芝居(金丸座)」にて、県内外の農村歌舞伎(地芝居)実施団体が一堂に会して行われる「さぬき歌舞伎まつり」に肥土山農村歌舞伎保存会と中山農村歌舞伎保存会が出演します。




さぬき歌舞伎まつり(表)-1.jpg





両保存会ともに2日目の10月29日の出演となり、

10時30分〜 中山農村歌舞伎保存会「仮名手本忠臣蔵 三段目 松の間刃傷の場」

12時20分〜 肥土山農村歌舞伎保存会「御所桜堀川夜討 弁慶上使の段」

となっています。


170505肥土山農村歌舞伎 (3).JPG
(肥土山農村歌舞伎|2017.5.3開催)




IMG_1867.JPG
(中山農村歌舞伎|2017.10.8開催)



また11時20分からは、東海大園大学の安田文吉教授による講演「地芝居の楽しみ方」が行われ、肥土山農村歌舞伎保存会の佐々木育夫さんとともに現代に伝わる地芝居の魅力とその楽しみ方を伝えてくださるそうです。



かつては島中で農村歌舞伎が行われていた小豆島では、上演場所は仮舞台も含めると140カ所を超え、700人を超える歌舞伎に関わる人がいたと言います。現在では、肥土山(5月3日)と中山(10月第2日曜日)のみで上演をされていて、これらを総称して、「小豆島歌舞伎」と呼んでいます。


農村歌舞伎や虫送りなど、豊かな自然の地に多くの伝統文化が残された肥土山と中山。



IMG_9996.JPG
(肥土山|虫送り)



IMG_5962-Edit.jpg
(中山|虫送り)




それぞれの農村歌舞伎舞台はともに国の重要有形民俗文化財に指定をされています。



170505肥土山農村歌舞伎 (13).JPG
(肥土山農村歌舞伎舞台)




中山の舞台は、伝承によると「ムカイのベンドン」という中山の棟梁が、今回公演を行う金丸座の舞台(現在の建物以前のもの)を参考に改築したとされていて、その姿から古い農村舞台の形を伝えています。



IMG_8437.JPG
(中山の舞台の奈落|廻り舞台下)



現在、小豆島歌舞伎は、国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選ばれ、両町が共同して、文化財的な調査を行っています。


文化的価値が認められれば、重要無形民俗文化財につながる可能性もあります。


多くの人の手によって伝えられ、守りぬかれてきた伝統文化である2つの農村歌舞伎をより多くの人に見ていただけるこの「さぬき歌舞伎まつり」。

入場券の申し込みはすでに終了していますが、席数によっては当日券を先着順で配布することもあるとのことです。

↓「さぬき歌舞伎まつり」の詳細はこちらをごらんください↓
https://www.my-kagawa.jp/event/2926/



小豆島町企画財政課 広報担当 中川


posted by 小豆島観光協会 at 15:14| 香川 ☁| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

小豆島で芸術の秋

朝晩はめっきり涼しくなった小豆島です。
棚田の稲刈りやオリーブの収穫もそろそろ始まり、島は実りの秋を迎えます。

読書の秋、食欲の秋といわれる秋ですが、小豆島で『芸術の秋』を味わえます!

securedownload[1].jpg

『三都半島アートプロジェクト2017』が先日9月16日(土)から、小豆島の三都半島 神浦(こうのうら)周辺で開催されています。
このアートプロジェクトは、アートと島のコラボによる地域振興を目的として小豆島町が数年前から取り組んでおり、アーティストの誘致や瀬戸内国際芸術祭での作品展示等で地域を盛り上げています。
今回は前年の瀬戸内国際芸術祭2016のアートを中心に、主に広島大学の有志の方々の作品を展示しています。

065.JPG
『空想と虫篭』 尾身大輔 作
この太鼓蔵には、2016年瀬戸芸の時に「ひとりおどり」が展示されていました。

旧出水邸に9作品が集結!
067.JPG

068.JPG
「空想と虫篭」 尾身大輔 作

072.JPG
「休帆」 番原 耕一郎 作 2017

077.JPG
「piece1-1] 甲斐 杏奈 作 2017

079.JPG
「薄くて深い関係」 秋山 美月 作 2017/ 「モモダスト」 入江 早耶 作



ゆったり時間が流れる三都半島で、『アートな秋』はいかがですか?
 


 094.JPG
「着いた」 アミナ・シェリフ作 2017




★三都半島アートプロジェクト2017『島語り』 
 2017年10月1日(日)迄開催 無料
 http://www.town.shodoshima.lg.jp/olive_station/shimagatari.html


小豆島観光協会 小川


posted by 小豆島観光協会 at 12:23| 香川 ☁| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

小豆島であの名作絵画が!? (アーブル美術館展)

お盆も過ぎ、蜩の鳴き声も聞こえ始め朝晩は幾分過ごしやすくなましたが
昼間はまだまだ暑い小豆島です。

実はこの夏、小豆島であの絵画を観る事が出来るのです。

『アーブル美術館展』
IMG_2086.JPG
アレ!? と思われましたか?

この絵画展は、フランスのルーブル美術館に憧れを持つ藤原さん親子が「アーブル美術館」
と名乗って活動されているのです。
この名作を書いているのは藤原さんのお子さんたち(天馬くん・心海ちゃん)。
お母さんの晶子さんが欲しがっていた絵を、当時小学校3年生の天馬くんが模写してプレゼント
した事が活動の始まりだそうです。
なんとも微笑ましいお話ですね。

そんな彼らが独自のフィルターで、世界の名画を模写しています。
IMG_2095.JPG 
ゴッホのひまわりや



IMG_2092.JPG
ドラクロワやクリムト




思わず笑顔になるモナリザ
IMG_2096.JPG


海外に行かなくても島で名画が観られます
加工分.png

子供たちの自由なタッチに、とても楽しくなった絵画鑑賞でした。
おじいちゃん・おばあちゃんからお孫さん迄、皆さん楽しんで頂ける絵画展です。
8月末まで開催しておりますので、是非お立ち寄り下さい。


●『アーブル美術館展』 7月15日(土)から8月31日(木)
・道の駅小豆島オリーブ公園 (8:30〜17:00)
・土庄町立中央公民館    (8:30〜17:00)
・土庄東港待合所      (8:30〜19:00)
 ≪会期中無休・入場無料≫

小豆島観光協会 小川

posted by 小豆島観光協会 at 15:57| 香川 ☁| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする