2017年07月07日

尾崎放哉記念館 7月のお茶会のご案内

尾崎放哉記念館は、自由律の俳人、尾崎放哉の貴重な資料や歴史を展示した記念館です。

IMG_1556.JPG
尾崎放哉記念館 外観

IMG_1551.JPG
尾崎放哉記念館 玄関先


孤高の俳人、漂泊の俳人と称される尾崎放哉が最期の8か月を庵主として過ごした南郷庵復元したもので、土庄町の「迷路のまち」の中に建っています。


尾崎放哉の句の一部

『咳をしても一人』
『いれものがない両手でうける』
『足のうら洗えば白くなる』
『障子あけて置く海も暮れ切る』


波乱万丈な人生の中で特に晩年、数多くの優れた作品を残した尾崎放哉。
記念館には自筆の句の短冊なども展示されています。

その尾崎放哉記念館で、7月9日日曜日に恒例のお茶会が行われます。

このお茶会は、年に7回程度定期的に行われているもので、1人100円でお茶を気軽に楽しむことができます。

IMG_3768.JPG

お茶の作法などが分からなくても、尾崎放哉のことを知らなくても大丈夫。
地元の方も観光客の方もどなたでもO.K.

尾崎放哉に関する本や句集なども見ながら、季節に合わせた茶菓子とともに、ゆったりとしたひと時をすごしてみませんか。

また、放哉さんのように自由律の俳句を詠んでみたくなった方は、現在、第一回尾崎放哉賞の募集をしていますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

第一回尾崎放哉賞について


さらに!尾崎放哉記念館では、新たに放哉さんグッズができたそうですよ。
1つ1つ手作りされた張り子の「放哉さんだるま」

ここにしかない逸品です。

IMG_1549.JPG
放哉さんだるま

どこか昔懐かしい町並みののこる「迷路のまち」を散策するついでに、ちょっと寄り道してみてお茶のお接待を楽しんでみてください。

029.JPG
迷路のまち


尾崎放哉記念館HPはこちら


また、明日7月8日は中山地区の虫送りがあります。
先週末に行われた肥土山の虫送りもとっても幻想的でしたね。

IMGP0595.JPG
肥土山の虫送り


中山地区の棚田を歩く虫送りもとっても幻想的です。
ぜひそちらにも足を運んでみてください。

詳しくは小豆島町HPをご確認ください。中山千枚田の虫送り


小豆島とのしょう観光協会




posted by 小豆島観光協会 at 18:16| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

水面輝く、蛙子池

梅雨空が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
先日梅雨の晴れ間に、肥土山地区にある蛙子池に行ってきました。

P6180118.JPG

春には桜の名所として多くの人が訪れる場所ですが、この日はすっきりとした好天に恵まれ、山並みが水面に映り輝いていました。
緑の山とエメラルドグリーンの池、そのコントラストがとても美しいです。

P6180128.JPG
池の周りはぐるっと遊歩道になっています

蛙子池は、伝法川沿いの水不足を解消するため、1686年に造られた小豆島最大のため池です。
当時、肥土山村の庄屋であった太田伊佐衛門典徳が水不足解消のため工事に着手。工事は難航し、典徳は自身の私財や水田を売り払い、その資金を調達したそうです。そしてその苦労の末、1686年に完成したのがこの蛙子池です。

P6180124.JPG
池のすぐ横にも豊かな水田が広がっています

6月15日に待望の池水が肥土山の離宮八幡神社まで達し、それを喜んだ百姓たちは、神社の境内に仮小屋を建てて芝居を催しました。それが肥土山農村歌舞伎の始まりであるといわれています。
kabuki (15).JPG
350年以上続く肥土山農村歌舞伎

農林水産省選定の「ため池百選」にも選ばれている蛙子池。
この美しい風景に、先駆者たちがつくり上げた歴史が今も息づいています。

小豆島観光協会 角田

posted by 小豆島観光協会 at 15:18| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

小豆島のPower Tree 小豆島の木・木・木

小豆島には立派な古木・老木が多数あります。

小豆島霊場31番札所【誓願寺】にある大ソテツはその名の通り大変な巨木で、一株から5本の枝に分かれ横に縦に大きく張っています。
041.JPG

日本一の蘇鉄とも言われ1924年に国指定天然記念物認定され、樹齢は1,000年以上と言われています。
036.JPG

支えが無いと保てないくらい太く張っています。
039.JPG


次は、小豆島霊場54番札所【宝生院】の真柏(シンパク)
063.JPG

その大きさで訪れる人に驚きを与える老巨木です。
071.JPG

地上1m位のところから3本の枝に分かれ、横に大きくせり出して上方に伸びています。
応神天皇お手植えとも言われ、樹齢は1,500年以上とか。
065.JPG


現在、樹木医の診断により木の健康度が5段階中Vの「不良」であったため、木の健康維持の為に直接地面を踏まないよう、木の周りにデッキがつくられその上から観ていただく事になります。
072.JPG

私は、この真柏の近くに来ると、モヤモヤが晴れさわやかなな感覚を覚えます。
木の浄化パワーでしょうか?個人的にPower Treeだと思っています。


また、誓願寺と亀山八幡宮には【香川県の保存木】として指定されている巨木があります。

058.JPG
●亀山八幡宮の真柏(過去、雷に打たれそれ以降は上方には伸びていません)

046.JPG
●誓願寺のイブキ

香川の保存木の情報はコチラ→ http://www.pref.kagawa.lg.jp/kankyo/shizen/guidemap/tree/tiiki/syoudosima.htm

小豆島には見どころ・観光スポットが沢山ありますが、『木』に特化した観光も面白いのでは?

巨木・老木の多くが寺社仏閣内にありますので、参拝もお忘れなく!

小豆島観光協会 小川






posted by 小豆島観光協会 at 18:11| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする