2018年11月27日

エンジェルロードで第45回「まるごと小豆島セミナー」!

第45回目の今回は秋の特別編!
え〜いと会場の外に飛び出して「海のボランティアガイド」のみなさんと
エンジェルロードで海の生物の観察会です。

P1010872.JPG

「海のボランティアガイド」は2002年から小豆島の海の魅力を伝えようと活動している団体。
そのメンバーのみなさんが一緒に歩きながら一つ一つ、生きものの名前や特徴、おもしろエピソードまで教えてくれます。

P1010855.JPG

今回の参加者は島内在住の方、愛知県からの観光にいらしたご家族。
それに観察の様子を見て飛び入り参加の女性グループやご家族連れ。
わいわいと秋のエンジェルロードを散策しながら楽しいひと時を過ごすことができました。

P1011062.JPG

この日のエンジェルロードは小春日和の海面にキラキラと秋の太陽が反射してとてもきれいでした。
大切な人と手をつないでお散歩すると幸せになれるというのも納得というシチュレーション。

P1010962.JPG

島内の人気スポットのエンジェルロードは国内外からお客様がたくさんいらっしゃっていました。
その中で長靴にスコップ持参、しっかり目の防寒対策の私たちはちょっとだけ異質(笑)
注目を浴びてちょっと照れてしまいます。

P1011128.JPG

が、気にせず!
観察開始です!!

P1010902.JPG

岩の隙間にぎっしり詰まった巻貝は「ダメ」です。
のガイドさんの説明に・・・
「???」
わぁ。新鮮な反応!
島外の方には通じないですね。

P1010984.JPG

小豆島ではこんな巻貝を「ダメ」と呼んでいてゆでて食べたりします。
この少し苦くて大人の味がする「ダメ」
正式名称は「イボニシガイ」というそうです。
名前があったのかーーー!今までまったく気にせずに食べていました!

P1010977.JPG

こちらは「カメノテ」
「亀の手」に似ているからこの名前が付けられたとか。
以前に比べると珍味としての知名度が上がって流通することも増えたような気がします。

P1010968.JPG

そっと岩場の水たまりを覗いてみるとそこには・・・。
波に揺れる白い可憐なイソギンチャクと大き目のイソギンチャクが。

P1010972.JPG

P1010973.JPG

水から頭を出したイソギンチャクはぎゅっと指で押すと
勢いよく水を吐き出します。
みなさんは「素手」で触ったことありますか??

P1011047.JPG

波打ち際にぼってりと落ちている「海松(ミル)」は「アオサ藻綱ミル目ミル科」に属します。

P1010896.JPG

風を感じながら、磯の香りをかぎながら、実際に触ってみると、
固いと思っていたものが意外とやわらかかったり、

P1010883.JPG

本や映像で知っているのとは違って、ダイレクトに心に響いてきます。

なんとなく呼んでいる「巻貝」にも「カニ」にも「海藻」にも、
ひとつひとつ名前があって、その特徴を知ると海辺の散策がもっと楽しく、好きになりますね。

P1011051.JPG

海のボランティアガイドを頼んでもよし。
ガイドになってもよし。
あなたはどちらを選びますか??

小豆島観光協会 新名




posted by 小豆島観光協会 at 10:06| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする