2018年07月03日

そうめんを食べるなら・・・。7月7日!

7月7日はそうめんの日。

遠い昔、平安時代から宮中でも七月七日に素麺を食べていたとか。
書物「延喜式」には「夏に素麺をたべると大病にかからない」と書かれてありますし、
細長い素麺は天の川にも見えなくも・・ない・・・?

051.jpg

うどん県の中にありながらそうめんの産地の小豆島。

小豆島の手延べそうめんは日本三大そうめんの一つで
特徴はめんをのばす際にごま油を使っていること!
ごま油も小豆島の特産物。

3d6af5a12bf559a73d570015c435a1aa1.jpg

江戸末期から作られていて全国販売額のシェア全国1位。
ゆであがった麺もごまの香りがほのかに香りますし、
土庄港はフェリーで着くとごま油の香りが迎えてくれます。

023.jpg

天日でそうめんが干されている様子はとても美しい小豆島の風物詩。
所さんの目がテン!でも先日小豆島のそうめんが紹介されました。

P1010546.JPG

食べるのはもちろん。
小豆島のそうめんは味わう以外にも「はしわけ体験」で楽しむことができます。
長いお箸を使ってびよーんと伸ばすとその弾力にきっと驚くことまちがいなし。

P1010560.JPG

シンプルなそうめんでも、
もちもちの食感にこだわるお店や乾麺ならではのこしにこだわる会社やアレンジの効いたいろんな味や素材のそうめんを作っているところを生産者の方のこだわりもあって、「そうめん」とひとくくりにしてもいいのかなって思うくらいです。

生そうめん.JPG

そうめんもお出汁で食べるだけではなくて、

IMG_2752.JPG

パスタやラーメン風。

島愛麺.jpg

皿うどん風の揚げ出しそうめん。
いろいろな形の発展形のそうめんを島内で楽しむことが出来ます。
お出汁にオリーブオイルを入れるだけで一気に洋風です。

065.jpg

実は奥深いそうめんの世界。
プロジェクトも進行中だとか。
楽しみですね。

P1010783.JPG

今はほとんど見なくなりましたが、
生のそうめんを編んだ「オイナワソウメン」はお仏壇にそうめんを長いまま、のれんのように編んで掛けるもの。

047.jpg

食べたり、体験したり、小豆島ではそうめんはとっても身近な文化の一つです。

平安時代から脈々とつながるそうめんの日。
1300年の日本の伝統にしたがってそうめんを食べるしかありませんね。

夏のそうめん体験はこちらからご覧ください。

はしわけ体験

食事処


小豆島観光協会 新名
posted by 小豆島観光協会 at 13:06| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする