2018年04月04日

アジアンな傘

 
 春が来ました。
 
 近頃は、急に夏日が続いてみたり、少しやわらいでみたり、そんな気候で見事に風邪を引いてしまいました。皆さまは体調など崩されておりませんでしょうか。
 
 さて、去る4月2日と3日、小豆島町福田(ふくだ)地区にある「福武ハウス」において、夜桜ライトアップが行われました。




 この福武ハウスのもともとの姿は、少子化の影響により廃校となった福田小学校です。
瀬戸内国際芸術祭2013を機に、アジアと交流するためのプラットフォームとして生まれ変わりました。


20131126_104651.jpg
福武ハウス 昼間はこんな感じです



 そして、これまでの芸術祭を通じて、各国からアーティストが訪れ、小学校を舞台に様々な作品が展開され、アートを通じて人と人、人と土地が繋がっていきました。




 そうしたグローバルな交流拠点として活躍している福武ハウスですが、今回は和風な桜のライトアップイベントです。主催は、日頃から福田地区の魅力を発信し続けている「あきゃきゃクラブ」さん。



IMG_5627.jpeg
ライトアップがはじまると多くの人が駆けつけ、用意されたイスに座ったり、写真をとったりしました



IMG_5600.jpeg
傘と桜



IMG_5609.jpeg
色とりどりの傘が並んでいますよ 桜のある風景も異国っぽくしてしまう、この傘はどこから来たのでしょう



そうしていると、隣接する体育館から子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきました。



IMG_5626.jpeg
三輪タクシーのトゥクトゥク 子どもたちはこれに群がっていたのでした



IMG_5616.jpeg
装飾品の「コレー船」 よく見ると神話に出てくる動物が描かれているらしい



IMG_5622.jpeg
ピ・タ・コーンのお面 タイの農村「ダンサディ」でお祭りのときに使用する(子どもたちはこれには近づかない)



子どもたちは珍しい民芸品に大満足。大人も目を輝かせていました。



和風なイベントも結局はどこか多国籍な雰囲気になってしまう、福田地区とはそういう面があるみたいです。


さすが、アジアとの交流拠点!







小豆島町 商工観光課 たからだ
posted by 小豆島観光協会 at 13:12| 香川 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする