2018年03月22日

3月・早咲き桜

「○○の日」が多い今月の小豆島ブログ
シリーズ第3弾!は3月27日の桜の日。小豆島の桜のお話です。

春めいてくるほどに小豆島観光協会には桜のお問合せが増えています。
やっぱりみなさん、桜の季節は心がざわざわうきうきするみたいです。
島内では河津桜や椿寒桜の早咲きの桜が咲き始めています。

P1010651.JPG

小豆島では3月から4月下旬にかけて様々な品種の桜のお花見が出来ます。
その中でもおすすめしたいのが「小豆島霊場八十八桜の会」のみなさんの手で各霊場に植えられた桜。

P1010647.JPG
八十八の霊場にそれぞれ種類が違う八十八種の桜が植えられ、
土壌が合わずに枯れてしまったものもありますが、現在も40数種の花を見ることが出来ます。
中には大樹に育った桜もあって、大きく広げた枝を下から見上げることもできるお寺も。

253.jpg

まるで桜の花に包まれているようでとても優しい気持ちになれる私のパワースポットです。
2月の終わりから3月初めころに咲き始める早咲きの桜「常光寺桜」

P1010668.JPG

第八番札所常光寺さんに咲く、ころんころんとまあるい花がたくさんの寄り添って咲く様子がとても愛らしい桜です。

P1010683.JPG

花の特徴からソメイヨシノと寒桜を掛け合わせたものではないかといわれているそうなのですが、
お寺の方が専門家の方に鑑定をお願いしても品種はわからないままだったそうです。

P1010657.JPG

ここにしかない桜じゃないかと言われて「常光寺桜」と呼ばれ島内で愛されている桜です。

P1010672.JPG

雨に煙る桜の風情も素敵ですね。
常光寺桜はちょうど満開。
ご覧になりたい方はお早目に。

小豆島観光協会 新名
posted by 小豆島観光協会 at 11:10| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする