2018年03月15日

3月15日はオリーブの日

3月15日はオリーブの日。




IMG_7372.JPG




1950年3月15日に昭和天皇が四国地方御巡幸の際、畑作試験場(農業試験場小豆分場)にお立ち寄りになり、オリーブの説明を聞かれたのち、オリーブを播種されました。


このことから1972年に「オリーブを守る会」がこの日を「オリーブの日」と制定しました。


御手播きされた種子から育成した苗は、一部各地に配布され、大半は育種材料として試験に用いられたそうです。

オリーブ公園のギリシャ風車の立つ丘にも、立派に成長している御手播きの樹があります。



IMG_7365-1.jpg




今日は朝からこの樹のお手入れが行われました。




IMG_7377-1.jpg





剪定を終え、すっきりとした樹は暖かい春の日差しを浴びて気持ち良さそうでした。





IMG_7411.JPG







この樹の近くにあるのが「オリーブの路」です。
オリーブの路は、ギリシャ風車とオリーブ発祥の地碑をつなぐ道でもあります。




IMG_7533-1.jpg
(地図上の赤いラインを歩いてみました)





きれいな白っぽい石畳が続き、オリーブの緑と空の青、とのコントラストがとてもきれいです。




IMG_7418.JPG




ギリシャ風車→オリーブ発祥の地碑の風景をごらんください。





IMG_7474.JPG





IMG_7475.JPG
(いくつもの小路)





IMG_7420.JPG
(オリーブの樹々の合間から春の海)





IMG_7426.JPG






IMG_7429.JPG





IMG_7470.JPG
(長く続く散策路)





IMG_7461.JPG
(海もオリーブも眺めることのできる贅沢なベンチ)






IMG_7456.JPG
(オリーブのアーチ)






IMG_7441.JPG






IMG_7446.JPG





IMG_7434.JPG
(オリーブ発祥の地碑|オリーブ植栽80周年の時に建立されました)







IMG_7438.JPG
(オリーブ発祥の地碑前からの内海湾)





少し横道にそれただけで、楽しめるいつもとは違う風景。

たくさん小路もあるので、ゆっくりと散策できます。





IMG_7383.JPG





1908年(明治41年)当時の農商務省により、香川、三重、鹿児島の3県でオリーブの試験栽培が行われ、小豆島に植えられたものだけが順調に生育しました。


そこには、小豆島の中での適地の選定や地元の方の熱心な園地管理がありました。


そして、その後の結実の搾油や塩蔵のための試行錯誤、気象や害虫、オリーブ炭疽病などへの苦悩など、長く、困難な道のりを多くの人々のご尽力でオリーブ栽培は発展してきました。


今も、2017年の果実収穫量は425tと過去最高となるなど、関係者のご尽力は続いています。



IMG_7405.JPG




そして、2018年、オリーブ植栽110年を迎えました。

年間を通して、様々な記念事業を展開していく予定となっておりますので、皆様もオリーブのある風景や暮らしを楽しんでみてください。



小豆島町企画財政課 広報担当 中川



IMG_7407.JPG



posted by 小豆島観光協会 at 18:11| 香川 ☁| 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする