2018年02月15日

おもてなしと感謝の気持ちをギュッとこめて

平成10年から毎年行われているオリーブリースの作成会が
道の駅小豆島オリーブ公園で行われました。

P1010504.JPG

作成会は今年で20回目。
毎年、バレンタインの時期に島内の観光関係者のみなさんで小豆島のオリーブの枝でリースを作り、
島に訪れた方にプレゼントしています。

P1010512.JPG

今年初めて作るという男性もいれば、
まるで職人のように手際の良い方もいらっしゃいます。
約50人ものみなさんが和やかな雰囲気の中でわきあいあいと、
または黙々とリースを作っていきます。

P1010529.JPG

大きな丸や小さな丸。
枝によって仕上がりはいろんな大きさ。
愛情がたっぷり込められた世界でたった一つの手作りリースが
3300個も出来上がりました。

P1010519.JPG

出来上がったリースは一つ一つラッピングされて、
島内の観光施設でバレンタインデーにあわせて手渡されます。
オリーブは「リースにして玄関に飾るとその家に幸せを呼び込む」という言い伝えがあるとか。

P1010517.JPG

おもてなしと感謝の気持ちをギュッとこもった手作りのリース。
みなさまに元にたくさんの幸せを呼び込んでくださいますように!


小豆島に行けないよという方は
お庭のオリーブで手作りするのはいかがでしょうか?

【準備するもの】
・40cm程度のオリーブの枝
・20cm位のリボンとワイヤー(リボンのワイヤーは結べるように伸ばしておきます)

IMG_8670.JPG

1.オリーブの枝を両手で持って、輪にします。

IMG_8676.JPG

2、ほどけないように枝を絡ませ、ひっかけるようにして止めて、
リボンをつけるだけで出来上がりです。

DSC00781.JPG

枝は柔らかめの方が輪にしやすいですよ。
長めの枝を使うとゴージャスに。リボンもいろいろアレンジするのも楽しいです。

P1010516.JPG

とっても簡単ですので、こたつで暖まりながらご家族一緒にチェレンジしてみて下さいね。

小豆島観光協会 新名
posted by 小豆島観光協会 at 12:58| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする