2017年12月26日

2017年を振り返る

2017年も残すところあとわずか。
皆様にとって今年はどんな年でしたでしょうか。
小豆島の観光にとっても色んな動きがあった1年、振り返ってみたいと思います。
IMG_2793.JPG

小豆島観光国際化チームでは、二十四の瞳映画村において、ウェルカムサポーターによる「二十四の瞳」の紙芝居を日本語と英語の二言語で上演しました。回を重ねるごとに、皆さんどんどん上達していき、感情や動きを交えた素晴らしい上演となりました。小豆島に根付く不朽の名作を世界に発信する良い活動だったと思います。
英会話セミナーも月1回、変わらずに開催しています。参加者の皆さんからのアイディアで、内容もどんどんブラッシュアップしています。ご興味のある方は観光協会までお問い合わせ下さいね。
P4010020.JPG
二十四の瞳映画村での紙芝居。素晴らしい完成度でした!
IMG_6677.JPG
7月に岸田外務大臣(当時)がご来島の際には、ウェルカムサポーターで熱烈な歓迎を行いました!

フィルムコミッションでは、今年も多くのテレビ、雑誌、映画の取材や撮影が行われました。
中でも、映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の撮影では、多くの島民エキストラの方にご協力頂きました。
肥土山農村歌舞伎舞台での撮影は、雪もちらつく厳寒の中、春のシーンという過酷(?)な撮影でした。しかし、カメラが回ると一転、皆さん寒さを全く感じさせない名演技で、瀬々監督も「小豆島の方々の協力がなければあのシーンは撮れなかった!」と唸るほど。
映画は大ヒット上映中です!まだ見ていない方はお早めに!
1712108年越しの花嫁小豆島上映会監督挨拶 (3).JPG
12月の先行上映会には瀬々監督がご来島。1150人を超える来場者にご鑑賞頂きました。

イベント関係では、世界最大級の旅のイベント「ツーリズムEXPOジャパン2017」に今年も出展することが出来ました。「WONDERFUL SETOUCHI」ブースで、瀬戸内海沿岸地域合同で出展し、瀬戸内・小豆島の魅力を国内外の方にPRすることが出来ました。また、瀬戸内への関心が年々高まっているようにも感じました。
その他にも、株式会社平井料理システム様のお力添えのもと行った「小豆島そうめん大試食会」、毎年恒例となった神戸みなとまつりや赤穂義士祭への参加など、島外でのPRの場も多い一年でした。
IMG_0947.JPG
ツーリズムEXPOジャパン2017 世界に向けて瀬戸内の魅力発信!
20108245_1064787043652600_4707420798171212293_n.jpg
神戸みなとまつりでは、酷暑の中精一杯PRさせて頂きました。

平成27年4月から毎月一度開催している主催セミナー「まるごと小豆島」では、本年も様々なジャンルに精通した講師の方々を迎え、とても興味深いお話をたくさんして頂きました。講演はもちろんのこと、ワークショップや体験型のセミナー、時には会場を飛び出して実際に目で見て歩いて学ぶ、といった趣向を凝らした回も多くありました。毎回毎回学びがあり、知れば知るほど面白くなりますね。
今後も、島の事を多角的に発見できるようなセミナーを開催していきたいと思います。
※1月のセミナーの案内はこちらから→http://shodoshima.or.jp/?p=9415

IMG_2282.JPG
11月「まるごと小豆島」秋の寒霞渓での青空教室の様子。
小豆島観光ボランティアガイドの方にご協力頂きました。


あっという間の1年。おかげさまで、様々なことに取り組むことが出来ました。
当協会に関わって下さったすべての皆様に心から感謝申し上げます。
来年もスタッフ一同精進致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

小豆島観光協会 角田
posted by 小豆島観光協会 at 13:11| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする