2017年12月18日

寒さで閉じこもるのは損かもしれない


12月も、はや半分が過ぎました。

冬の寒さは本格化し、布団から出るのがつらい、今年もそんな時期になりました。

そんななか、去る日曜日、早起きをして小豆島町二面(ふたおもて)地区にある「飯神(いかみ)山」に向かいました。

以前から訪れてみたかったものの都合が合わず、しかし、ぼやぼやしていると年が変わってしまうということで無理やり予定を組み、芯から冷え込んだ寒い日の、しかも日の出前の出発となりました。


IMG_1431.JPG
登山道入り口 まだ暗い 「飯神山 237.3m」と書いてあります


薄暗く、木枯らしが音を立てるなか、草の生い茂った山道を、いざ頂上に向けて進みます


登山道の様子はこちら(明るくなってから撮ったバージョン)
山道2.JPG


山道3.JPG


山道1.JPG


途中3.JPG
上っていくと、途中途中、このように岩が立っていて


途中1.JPG
よじ登ると、中腹からの景色を眺めることができます


山頂岩.JPG
そして、ついに頂上 道をふさぐような岩が目印です


この岩にのぼると、目の前はさえぎるものがありません。

その時、ちょうど朝日が雲間から見えてきました。


山頂眺め1.JPG
徐々に 徐々に

山頂眺め2.JPG
朝日が昇りました


早朝・山の上ということで、刺すような寒さにめげそうになりました。

それでも、その分透き通った空気の向こうに「歩けるんじゃないか」と思うほど静かな瀬戸内海が広がって、遠く向こうでそのまま空になっているような、油絵のような景色を見ることができました。



※今回行ってみて本当におすすめです。
ぜひ初日の出は小豆島の飯神山からご覧になってください!

※登山道は、整備されておりません。十分に足元に注意してください。





小豆島町 商工観光課 たからだ
posted by 小豆島観光協会 at 15:12| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする