2017年08月04日

船で感じる瀬戸内の風

「小豆島は飛行機で行けますか?」稀にお客様よりこんなお問い合わせを頂きます。
小豆島に飛行機で来ることは出来ませんが、瀬戸内海のクルージングを楽しみながらお越し頂くことが出来ます。

クルージング・・・それはフェリーです。
小豆島は高松、岡山、姫路、神戸、日生、宇野とフェリーが就航しており、それぞれ瀬戸内海の多島美を楽しみながら小豆島へお越し頂けます。
船から見る瀬戸内の景色は感動的。島に来るまでの船の時間も旅の醍醐味です。
IMG_2207.JPG
船からの景色もまた格別です。

そこで、今回は高松〜小豆島間で見える瀬戸内の景色をほんの一部ですがご紹介したいと思います。
まず、高松を出るとすぐ右に見えるのは、屋島と五剣山。
形が特徴的なのですぐにわかります。
IMG_2177.JPG
尖っているのが五剣山。右側が屋島です。

左に目を向けると、女木島が。その奥に並んで男木島が見えます。
まさに向かい合う夫婦のような2つの島です。
IMG_2158.JPG
左が女木島。すぐ隣に男木島があります。

女木島は「鬼ヶ島」とも呼ばれています。
その昔、稚武彦命が岡山県の犬島、香川県の綾川町陶の猿王、鬼無町雉ヶ谷に住む勇士を連れ、鬼(海賊)を成敗したという「桃太郎伝説」。これと1914年に大洞窟が発見された女木島が結びつき、「鬼ヶ島」と呼ばれるようになったそうです。
ちなみに男木島には、その桃太郎伝説で鬼の副大将が逃げ込んだという岩窟「ジイの穴」があります。

IMG_2175.JPG
進んでいくと、今度は右手に大島が見えてきます。
大島は島の土地の約9割が国有地です。古くは源平合戦の戦場にもなった島で、屋島の戦いに敗れた平家方の墓に植えられた松が、800年の歳月を経て、「墓標の松」として残っています。元々は2つの島からなり、砂州でつながって現在の形になったそうです。
島内には国立ハンセン病療養所「国立療養所大島青松園」があり、入所者が療養生活を送っています。

だんだんと小豆島が近づいてきました。小豆島の左側には小豊島も見えています。
IMG_2187.JPG
小豊島は、小豆島と豊島の中間地点にあり、“人間より牛の方が多い”島です。
小豆島オリーブ牛肥育の畜産が盛んで、400頭余りが飼育されています。
石積みの漁港から船に牛を積んで運ぶ光景はこの島ならではです。

さあ小豆島に近づいてきました。こうして色んな島を見てくると、やはり大きい!!
IMG_2196.JPG
瀬戸内海には大小あわせて3000以上もの島があるとされています。
時間や季節によって、しまなみ、空、海、そして風が創り出す表情は様々です。
船に乗りながら、ゆっくりと時間を感じながら瀬戸内を感じてみてはいかがでしょうか。

小豆島観光協会 角田

※各島の情報、島の数は県の「かがわ瀬戸しまネッ島」を参考にしています
posted by 小豆島観光協会 at 16:49| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする