2017年07月26日

ダムへ進め


連日の猛暑が続いております。

毎年、夏になると「こうも暑いものか」とまいってしまいますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


さて、私事になりますが、このところ近所のダムへ散歩に行くことが習慣となっております。

そして、先日、「そういえばダムのことをよく知らないな」と思い、なんとなくネットで情報を集めていると、「ダムカード」というものにたどり着きました。

ダムカードとは・・全国のダムの管理事務所などでもらえるもので、そのダムに関するデータが詰まっているもの、小豆島では4箇所で配布されている

ダムカードについて詳しくはこちら【国土交通省HP】↓↓↓
http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/campaign/shunnkan/damcard.html


これは楽しそうな制度、ということで情報収集は中断し、カードをもらいに出かけることにしました。


6.JPG
まずは、小豆島町 神懸通(かんかけどおり)地区にある内海ダムへ

2.JPG
管理事務所でカードをもらえました 表面は写真

3.JPG
裏面はデータ 専門的で、聞きなれない用語もある

裏面にはしっかりしたデータに加えて、ランダム情報という欄もあり、「北に名勝《寒霞渓》が広がり、南には内海湾を望む、すばらしい眺望地点となっています」といった周辺情報が記載されていたりします。


4.JPG
内海ダムからの眺め


続けて、他のダムにも足を運びました

1.JPG
安田(やすだ)地区 粟地ダムからの眺め 下流はお花見スポット


5.JPG
中山(なかやま)地区 殿川ダムからの眺め 棚田が見えています また、ダム上流にはホタルが生息


IMG_2324.JPG
吉田(よしだ)地区 吉田ダム 総貯水容量は小豆島で一番 近くにキャンプ場があり自然豊か


そして、


7.JPG
小豆島のダムカードがそろいました!


今回、楽しくカードを集めながらダムや地域のことを学ぶことができ、なおかつ景色を堪能することができました。


知識もつけつつ、その土地の風景、観光も楽しむ。


そんな、ダムカードを集めながらの小豆島の旅、ダム愛好家のみなさんはもちろん、お子さんの夏休みの自由研究などにもぜひ!


●車で移動すれば、半日で十分集めることができます●





小豆島町 商工観光課 たからだ
posted by 小豆島観光協会 at 15:56| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする