2017年07月07日

尾崎放哉記念館 7月のお茶会のご案内

尾崎放哉記念館は、自由律の俳人、尾崎放哉の貴重な資料や歴史を展示した記念館です。

IMG_1556.JPG
尾崎放哉記念館 外観

IMG_1551.JPG
尾崎放哉記念館 玄関先


孤高の俳人、漂泊の俳人と称される尾崎放哉が最期の8か月を庵主として過ごした南郷庵復元したもので、土庄町の「迷路のまち」の中に建っています。


尾崎放哉の句の一部

『咳をしても一人』
『いれものがない両手でうける』
『足のうら洗えば白くなる』
『障子あけて置く海も暮れ切る』


波乱万丈な人生の中で特に晩年、数多くの優れた作品を残した尾崎放哉。
記念館には自筆の句の短冊なども展示されています。

その尾崎放哉記念館で、7月9日日曜日に恒例のお茶会が行われます。

このお茶会は、年に7回程度定期的に行われているもので、1人100円でお茶を気軽に楽しむことができます。

IMG_3768.JPG

お茶の作法などが分からなくても、尾崎放哉のことを知らなくても大丈夫。
地元の方も観光客の方もどなたでもO.K.

尾崎放哉に関する本や句集なども見ながら、季節に合わせた茶菓子とともに、ゆったりとしたひと時をすごしてみませんか。

また、放哉さんのように自由律の俳句を詠んでみたくなった方は、現在、第一回尾崎放哉賞の募集をしていますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

第一回尾崎放哉賞について


さらに!尾崎放哉記念館では、新たに放哉さんグッズができたそうですよ。
1つ1つ手作りされた張り子の「放哉さんだるま」

ここにしかない逸品です。

IMG_1549.JPG
放哉さんだるま

どこか昔懐かしい町並みののこる「迷路のまち」を散策するついでに、ちょっと寄り道してみてお茶のお接待を楽しんでみてください。

029.JPG
迷路のまち


尾崎放哉記念館HPはこちら


また、明日7月8日は中山地区の虫送りがあります。
先週末に行われた肥土山の虫送りもとっても幻想的でしたね。

IMGP0595.JPG
肥土山の虫送り


中山地区の棚田を歩く虫送りもとっても幻想的です。
ぜひそちらにも足を運んでみてください。

詳しくは小豆島町HPをご確認ください。中山千枚田の虫送り


小豆島とのしょう観光協会




posted by 小豆島観光協会 at 18:16| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする