2017年04月19日

ゴールデンウィークの小豆島

来週末からいよいよゴールデンウィークです。
小豆島に来て下さるご予定の方に、また、どこへ行こうかと迷われている方にも、これからの小豆島の魅力、楽しみ方をお伝えします。

まず、4月29日(土)に行われる『醤の郷まつり』をご紹介します。
このおまつりは、小豆島を代表する地場産業のひとつである醤油、そしてその醤油を使ってつくられた佃煮に、改めて関心を持っていただくために毎年開催されていて、今年で6回目を迎えます。
DSC03196.JPG

「醤の郷」は、瓦と焼き板、白の漆喰壁の醤油蔵や佃煮工場が立ち並ぶ歴史的な景観を保存しようと整備されたと呼ばれるエリアで、当日はその「醤の郷」一帯で、醤の郷の写真展やスタンプラリー、そうめん流し、醤油や佃煮を使ったスイーツの販売など様々なイベントを楽しんでいただけます。
ぜひ醤油の香りが漂う醤の郷に足をお運びいただき、小豆島の産業の歴史、そして現在に触れてください。
http://shodoshima.or.jp/?p=7617

続いて、5月3日(水・祝)に土庄町の肥土山地区で行わる「肥土山農村歌舞伎」をご紹介します。
「肥土山農村歌舞伎」は、今から300年以上前の貞享3(1686)年、水不足を解消するためにつくられたため池「蛙子池(かえるごいけ)」の完成を祝って、仮小屋を建てて芝居をしたのがはじまりと言われています。それ以来、毎年離宮八幡宮への奉納歌舞伎の上演が続けられています。
役者はもちろん、義太夫、化粧師、舞台方など、すべて地区の子どもから大人までが交代でつとめています。
5.jpg

5月3日に小豆島にいらっしゃる方は、地区の人々によって脈々と引き継がれてきた伝統の舞台とその雰囲気を実感しにぜひ足をお運びください。
http://shodoshima.or.jp/?p=2435

また、昨年開催した瀬戸内国際芸術祭2016の作品も一部公開しています。
昨年見逃した方も、ぜひこの機会にお楽しみください。
DSC02536.JPG

公開している作品についての詳細はART SETOUCHIのサイトでご確認いただけます。
→ http://setouchi-artfest.jp/

今年は桜の開花が例年より遅く、寒霞渓の山桜はこれから見頃を迎えます。
DSC07121.JPG
ゴールデンウィークにはそのピークは過ぎてしまっているかもしれませんが、山々の新緑がとても美しいです。

そして、青空の下、島中でのびのびと泳ぐ鯉のぼりにも出会えます。
DSC01356.JPG

DSC03498.JPG

小豆島の自然の新たな息吹、人々が紡いできた文化、そしてゴールデンウィークにしか体感できない風景やイベントをどうぞ満喫してください。

小豆島観光協会 岸本
posted by 小豆島観光協会 at 16:50| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする