2016年01月27日

夢応援大使!おかえりなさい、琴勇輝関

大相撲初場所に西前頭4枚目として挑んだ琴勇輝関。
9勝6敗の勝ち越しという好成績で場所を終えました。

そして、その琴勇輝関が早くも小豆島に帰ってきてくれました!
「小豆島夢応援大使」に就任するためです。

160127琴勇輝「小豆島夢大使」委嘱式 (28).JPG


「小豆島夢応援大使」とは、

自らの体験を語ることやメッセ-ジを通して、
小豆島の未来を担う子供たちが、勉強やスポーツ、文化や芸術など、自分の好きな分野で夢や希望を持ち、
それに向かって果敢に挑戦することの素晴らしさを伝えていただくものです。

150628わんぱく相撲 小.jpg



小学3年生の時に力士になることを決め、これまで何度もけがを負いながらも、幕内力士となり、
相撲の世界で大活躍をしている琴勇輝関。

どんな苦しい時にも夢と希望をもって挑戦し、克服をしてきました。
そんな琴勇輝関の姿に、島の子どもたちがたくさんのことを学んでもらえたらと、
小豆島町と土庄町が委嘱をしました。


そして、本日、委嘱式がありました。

160127琴勇輝「小豆島夢大使」委嘱式 (60).JPG
(小豆島の両町から委嘱されました)



160127琴勇輝「小豆島夢大使」委嘱式 (28).JPG



160127琴勇輝「小豆島夢大使」委嘱式 (76).JPG
(夢応援大使の名刺です)


小豆島夢応援大使の決意表明では、

「今場所は自己最高位を更新することができました。
佐渡ヶ嶽部屋では、大関琴奨菊関が優勝し、優勝パレードでは旗手を務めさせてもらったが、
いつか優勝し、自分の力でパレードカーに乗りたいと思っています。
小学校から相撲を初めて横綱になりたいという夢をずっと持って今日まで頑張ってきました。
これから、小豆島の子どもたちがたくさんの夢を抱いて頑張っていく姿を僕も土俵の上からエールを送り、
応援していきたいと思いますので、よろしくお願いします」
と述べた琴勇輝関。

160127琴勇輝「小豆島夢大使」委嘱式 (43).JPG


その後のインタビューでの
「これからの夢は?」という質問に、

「横綱です。横綱になりたいといっててもなれない。だから、横綱になると宣言します。
それに向かって何事にも全力で取り組む姿を子どもたちに見せたい」

ときっぱりと答えてくれました。

160127琴勇輝「小豆島夢大使」委嘱式 (69).JPG


その後、「小豆島夢応援大使」の初仕事として、母校である小豆島高校と小豆島中学校を訪問しました。


160127琴勇輝小高訪問 オリーブ牛贈呈 (44).JPG


小豆島高校では、
「小豆島オリーブ牛カルビ1頭分」を生徒たちにプレゼント。

160127琴勇輝小高訪問 オリーブ牛贈呈 (27).JPG
(オリーブ牛は、ほんとうにおいしいんです)


これは、小豆島町のふるさと納税で寄附をいただいた場合にお渡ししている小豆島町からの特産品です。
琴勇輝関にもしっかりご支援していただきました。
ありがとうございます!



小豆島高校野球部は、現在、春のセンバツ大会の「21世紀枠」に推薦されています。

出場校の決定は、2日後の1月29日。

琴勇輝関からは、
「もし、出場が決まったら、優勝を目指して頑張ってほしい。僕も3月場所で頑張って金星をとりたい」
とのエールが送られました。


160127琴勇輝小高訪問 オリーブ牛贈呈 (60).JPG
(小豆島高校野球部 杉吉勇輝監督と)


そして、小豆島中学校には、琴勇輝関を一目見ようと、小豆島の人もたくさん来られました。
恩師の笠井教頭先生のものまね(そっくり!)をしたり、負けじと中学生も力士の物まねを披露したりと、
笑いが絶えない時間となりました。


IMG_0046.JPG
(大きな拍手に迎えられて入場)

IMG_0076.JPG



これからも自らの夢を追いかけ、
何事もあきらめずに進んでいく琴勇輝関の姿を小豆島の子どもたちは追い続けるでしょう。


終始、にこにこした笑顔と優しい言葉を絶やさなかった琴勇輝関に、
体以上に大きな心と小豆島を思うあたたかな気持ちを感じました。


七転八起〜明日の自分は今日より強く!〜
自身のブログのタイトルどおりに、つきすすむ琴勇輝関をこれからも小豆島から応援しています。

琴勇輝関オフィスシャルブログ
http://kotoyuki.jp/blog/




小豆島町企画財政課 広報担当 中川
posted by 小豆島観光協会 at 10:05| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする