2018年06月05日

シーズン到来!今年の“島鱧” 始まりました


IMG_4595.JPG

小豆島ブランドの「小豆島 島鱧」の出荷式が
5月21日四海漁業協同組合で行われ、今年の島鱧シーズンが始まりました。


IMG_4581.JPG

今年の出荷量は前年より多い50〜60トンを目指しているそうです。
この日は近くの園児たちも招かれ、触ったり、塗り絵をしてハモと触れ合いました。

P1011117.JPG

島鱧と名乗るためには一定の基準を満たす必要があります。

P1011106.JPG

「島鱧」の基準とは!
・小豆島近海で漁獲されたハモであること
・300g以上2s未満であること
・曳網時間が1時間程度の短時間であること
・漁獲から1日以上水槽で泳がせてストレスを抑えていること

美味しいハモをお届けするための四海漁業協同組合の4つの約束をクリアした鱧の事です。

P1011139.JPG

ハモは鮮魚として出荷されるだけではなく、昨年秋に導入した骨切り機などで加工も行われます。

P1011145.JPG

主に関西方面に出荷されているそうですが、
評判がよくて「指名買い」も増えてきているそうです。

IMG_4572.JPG

漁期は11月末まで。
こだわりの「島鱧」ぜひ召し上がってくださいね!
小豆島観光協会 新名


続きを読む
posted by 小豆島観光協会 at 00:00| 香川 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする