2017年04月06日

第65回日本観光ポスターコンクールに出品しています!

この度、小豆島観光協会で制作した二種類の観光PR用ポスターが、「第65回日本観光ポスターコンクール」の一次審査を通過しました。
この日本観光ポスターコンクールは、日本観光振興協会が主催し、観光宣伝ポスターの質的向上と国内観光振興の促進を目的として、昭和22年より開催しています。昨年12月より作品募集を開始し、全国各地より応募がありました。その中から一次審査で約50団体が選ばれ、現在オンライン投票を行っています。

今回、小豆島観光協会が応募したポスターをご紹介します。
オリーブ.png
一つ目は『オリーブ』。
日本で初めてオリーブ栽培に成功した地である小豆島の歴史と、人々の努力がテーマです。老木の大地を踏みしめるような足元に、新芽が芽吹く様子から、オリーブの力強い生命力と、オリーブに向き合ってきた小豆島の人々のたゆまぬ努力を感じてもらいたいという想いが詰まっています。

寒霞渓.png
二つ目は『寒霞渓の春』。
『寒霞渓の春』は、小豆島の自然がテーマです。
霧が立ちのぼる寒霞渓の奇岩群の間に、鮮やかなツツジがしっとりと咲く風景から、小豆島の自然が造りあげた特異な地勢と、季節ごとに美しい彩りを奏でる豊富な植生を表現した作品です。

どちらの作品も、「島」の魅力といえば「海」という単一なイメージだけでなく、小豆島の『自然・伝統・文化』に溢れる多様な魅力を一つでも多く伝えたいというテーマで制作しています。
迫力ある写真で人々の目をぐっと惹きつけ、小さな文字を読もうと足を止めてポスターに近づいてもらえるようなデザインです。

5月1日(月)までオンライン投票を受け付けておりますので、是非とも皆様の一票をお願い致します。

≪第65回日本観光ポスターコンクール.≫
オンライン投票はこちらから!
https://www.kankou-poster.com/item/7.html

小豆島観光協会 角田
posted by 小豆島観光協会 at 16:37| 香川 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする