2017年03月03日

小豆島観光国際化セミナーを開催しました

先日初めての試みとなる「小豆島観光国際化セミナー」を開催しました。
昨今のインバウンド来島増加に伴い、よりグローバルな視点をもってもらえればという目的で開催の運びとなりました。講師には、タイと日本の相互理解を深めるため、長年様々な地域で活動をしていらっしゃる、コリ企画代表取締役の比護千春様に「タイ人観光客の求めるもの」というテーマでご講演頂きました。比護様は、タイと日本の相互理解を深めるためのサポート役として、通訳・翻訳・撮影コーディネーション、イベントの企画やタイ市場への進出サポートなど、多岐にわたって携わっていらっしゃいます。
DSC03225.JPG
セミナーでは、@タイ、タイ人を知る A前例「長崎」から学ぶ B香川の取り組みと向かう先 という三本柱でお話が進んでいきました。
@タイ人を知る、というところでは、タイ人観光客の特徴や好まれるものなどをお話頂きました。
タイの方は、旅行先での写真をSNSなどにどんどんUPし、周りの人に見せたい!という気持ちがとても強い傾向にあるそうです。綺麗な景色はもちろん、他の人が食べたことのない物、見たことのない物を、周りに自慢する(発信する)欲求が強く、それが旅行先で撮る写真にも出ているそうです。

具体的な例では、日本の懐石料理。一品一品順番に出てくる懐石料理ですが、タイの方は写真映りを重視するため、一度に豪勢に並んでいるところを撮りたいのだとか。
そういう気質を知っていないと、ちょっと驚いてしまいそうな行動ですが、きちんと相手を知っていれば対応することが出来ますね。
DSC03227.JPG
また、タイ人が好む「味」についても話がありました。比護様がタイからお持ちになったお菓子と飲み物を試食し、実体験をもって学ぶことが出来ました。
このお菓子、とっても味が濃い!とにかく甘い!日本の甘さともまた違う甘味です。
隣のお茶もひと口・・・え!お茶なのに甘い!?
私たちの常識を覆す、まさに異文化体験でした。

B香川の取り組みと向かう先というパートでは、「情報」というのが一つのキーワードになりました。
比護様からは「まだまだ情報が足りない。皆さんから発信してもらわないと、私たちはわからない。」と情報不足の現状をお話されました。
当日参加者からは「釣り」「秋祭り」など、もっともっと海外へ出していけそうな魅力がいくつか出され、私たちとしても非常に参考になりました。
DSC03222.JPG
このセミナーを通して、タイに限らず、海を越えた海外へ、「島にはこんな場所があるよ。」「こんな体験が出来るよ。」「この季節にはここがきれいだよ。」といった情報をもっともっと発掘して、発信していく必要があると感じました。そのためには相手を知り理解すること、それが国際化への一歩だと思います。

小豆島観光協会 角田
posted by 小豆島観光協会 at 13:30| 香川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする